現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「手で引く」タイプ なぜ衰退?? レバー式サイドブレーキが激減した訳

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 車を停め、レバーを引きサイドブレーキをかける。ごく普通の行為が当たり前でなくなりつつある。

 2019年に入って軽自動車にも採用車種が登場するなど、ここ数年、ボタンで操作する電動パーキングブレーキが急増中。それに伴って、最もオーソドックなレバー式のパーキングブレーキが急速に減少している。

    【ロードスター N-BOX クラウン GT-R】 ニッポン人の心に響く“和”のクルマたち

 なぜ、手で引くタイプのレバー式パーキングブレーキは減っているのか? 電動パーキングブレーキとの比較やメリット・デメリットと合わせて解説したい。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン