現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ストレッチしても5ナンバー枠に収まった全長」バブルが生み出した摩訶不思議な1台!コロナスーパールーミー【ManiaxCars】

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内長は、なんと先代センチュリーを超えている!!

限定500台、ホイールベースを210mm延長

    「オンリーワンのS660を目指すオーナーの“救世主”!」斬新なオリジナル&ワンオフパーツを提案し続けるガゼルパンチの攻勢

上からクラウン→マークII→コロナ→カローラ…と、トヨタ車ヒエラルキーの一翼を担ってきたコロナ。会社の役職に置き換えたら、たぶん堅実な係長クラスになるんだろうけど、バブル景気で日本がウカレてた9代目T170系の時代、突如としてオカシなモデルが追加された。それが1990年に登場したコロナスーパールーミーだ。

Bピラー部を210mm延長した500台の限定モデル。その最大の特徴となるのがBピラーのストレッチ部で、さすがはトヨタクオリティ。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン