現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベスパの走りを侮るな! “艶消しブラック”をまとう硬派なイタスク。

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.17

ベスパの走りを侮るな! “艶消しブラック”をまとう硬派なイタスク。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベスパのスポーティグレード「GTS Super」をマットブラックにペイントした特別仕様車が「GTS Super 300 Notte」である。Notte(ノッテ)とはイタリア語で“夜”を意味する。

ベスパといえば、『ローマの休日』『アメリカン・グラフィティ』『さらば青春の光』、はたまた『探偵物語』といった数々の映画やドラマにも登場する2輪界きっての名バイプレーヤー。「ゼッツー? カタナ? 何ソレ?」というぐらい、「いつかベスパに乗りたかった」というファンも多いと聞く。

    フェラーリ最強のV12オープン・カー「812 GTS」登場!

「Notte(イタリア語で“夜”を意味する)」のボディはマットブラックで統一される。Dan AOKIフロントウィンカーはレッグシールドに内蔵される。Dan AOKIこの「GTS Super 300 Notte」は278cc単気筒を積む。全身黒尽くめの姿はいかにも都会に似合いそうなクールなモデルである。だがそれだけではない。“スタイル優先のオシャレバイク”と侮って乗ると、その意外な快速ぶりに驚かされる。スロットルの開け始めから「オッ!?」と思わせる豊かな力感で、クラシカルな外観にそぐわぬ角度で速度を押し上げていく。お尻の下で、シングルピストンが元気に上下するのを感じる。

アナログの速度計とデジタル表示のインフォメーションウィンドウを組み合わせたメーターパネル。DAN AOKIスチールモノコックボディに積まれる278cc水冷単気筒4ストロークエンジンは最高出力21ps、最大トルク22Nmを発揮する。DAN AOKI300 Notteの痛快な動力性能は、小柄なボディに250ccを超えるエンジンを積むがゆえ。全長1950mmで車重は160kg。たとえば国産250ccスクーターの「ヤマハXMAX」は2185mmに179kg。400ccの「スズキ・バーグマン」は、2235mmの215kgだ。比較するとベスパの軽量コンパクトぶりがわかる。

278ccエンジンは4ストロークのインジェクションタイプ。シングルカムの4バルブユニットで、最高出力21ps、最大トルク22Nmとアウトプットは妥当なところだが、CVTとの組み合わせで車体をスムーズに運んでいく。印象的なのは中間加速のよさで、街なかを走っていて素早く前に出たいときや、止まろうとしているクルマをサッと追い抜くさいに、ダッシュが鋭い。軽量ボディのありがたみを感じる。スタイリッシュなだけのスクーターではないのだ。

リアホイールのスピンを抑制するASR(アンチスリップレギュレーション)を採用。Dan AOKI伝統は継承していますもちろん、ひと目でわかるデザインも魅力的で、航空機技術由来のスチールモノコックボディ、片持ち式のフロントホイールというベスパの伝統はしっかり受け継いでいる。ボディやフェンダーはマット塗装だが、ホイール、ミラー、パッセンジャー用のグラブレール、フロントフェンダーのクレセントなどはグロス仕上げと、ツヤあり/ツヤ無しブラックの使い分けが全体の印象をより精悍なものにしている。

ステッチによりクラシカルな雰囲気に仕立てられたダブルシート。DAN AOKIシート下スペースにはハーフ型ヘルメットが収まるスペースを備える。国産スクーターに比べると容量はかなり小さい。DAN AOKIたっぷりしたサイズのシートには贅沢なダブルステッチが施され、Notteのスペシャル感を高めている。シートの着座位置は790mmと高めで幅も広いので、小柄な女性や足の長さに不足がある男性は、停車時にちょっと気を使うかもしれない。後者のワタシは気を使いました……。

かつてベスパの特徴だったフットブレーキは廃止されて久しいが、GTSの前後ブレーキはディスク化され、さらにABSを装備する。十分な制動力を確保するいっぽう、加速時には車輪の空転を抑制する電子制御式トラクションコントロールまで標準で備えるのは、さすが “21世紀のベスパ”である。細かいところではメーターパネル下に液晶の情報画面、フロントのグローブボックス内にはUSB用のソケットが設けられる。伝統のイタリアンスクーターは、順調にアップデートされております。

ホイールサイズは12インチ。前後ともABS付きディスクブレーキを備える。DAN AOKIレッグシールドにはUSBポートを備えた小物入れがある。Dan AOKI短めのホイールベースを活かした、街なかでの身軽な走りが身上のベスパだが、フラッグシップであるGTS Super 300は余裕ある排気量と堅牢な造りのボディを活かし、高速道路でも痛痒を感じることなく巡航できる。試乗車に装着されていたフロントスクリーン(オプション)はクルージング時に胸まわりの風当たりを低減してくれるから、ツーリングに出かけたいという人にはオススメだ。そのほかリアキャリアやボディ同色のラゲッジボックスなど、実用性を高めるいろいろな用品がオプションで用意されている。

試乗車はオプションのウインドシールドを備えていた。高速走行時には有効だ。Dan AOKIリンクを介した凝ったつくりの収納可能なタンデマー用ステップ。DAN AOKIイタリア人の“足”に相応しい、スタイリッシュで俊敏な動力性能を持つベスパ GTS Super 300 Notte。価格は8%の税込み71万8000円である。「もう少しコンパクトなほうが……」とお望みの方は弟分の「Sprint 150 Notte」(49万8000円(消費税8%)を検討されたい。

文・青木禎之

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 青木ヨシユキ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します