現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > YAMAHA「SDR」200ccの2スト単気筒ワインディングスペシャル -1987年-【心に残る日本のバイク遺産】2サイクル250cc史 編

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TCメッキのトラスフレームなど現代でも通用する美しさを備えている
[ アルバム : SDR発売当時の貴重なカタログはこちら はオリジナルサイトでご覧ください ]

2サイクル250ccといえばレーサーレプリカが主流だった1987年、ヤマハはSDRを発売する。

    【心に残る日本のバイク遺産】2スト3気筒エンジンのホンダ「MVX250F」

トラスフレームに195.0cc水冷ケースリード単気筒を搭載したSDRは、軽快な操縦性と運動性能、強烈な加速感といった2ストロークスポーツならではの魅力を常用域で楽しめるマシーンとして開発された。2

だが1人乗りなど割り切った設計からか、大きな支持を受けることはなかった。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nuv*****|2019/09/17 12:17

    違反報告

    一時期乗ってました原付くらい大きさに強力なエンジンでした。
  • dje*****|2019/09/17 12:20

    違反報告

    当時サブバイクとして新車で買ったバイク。
    トラストフレームにメッキパーツを多用し独特な雰囲気のあるバイクで峠では楽しいバイク。
    ただ2ストシングルエンジンが思ったより早く頭打ちする印象。
    細いタンクとシングルシートが相まってツーリングには不向きでした。
  • hag*****|2019/09/17 12:07

    違反報告

    子どもの頃欲しかった。まだ中学生だった。その後進学予備校受験大学親の反対就職結婚妻の出産と続き、いつのまにか2stが死語に。。。

    水冷4stオーバーリッターFI車でも良いんだけど、やはり子ども時代の憧れは魅力的。二台目購入も維持もできないけど。。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン