現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 信号待ちのアイドリングストップがNGな状況が存在? よく勘違いされる落とし穴とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■なかには危険な場合も? 交差点でのアイドリングストップ

 クルマの無駄な燃料消費を防ぐために「アイドリングストップ」があります。近年は、自動化され「自動アイドリングストップシステム」として、さまざまなクルマに搭載される装備です。

    走行中もブレーキランプ、なぜ多い?「ブレーキ踏み過ぎ運転」 エンブレ知らない人が増加?

 しかし、このアイドリングストップをおこなうことが推奨されないケースが、なかにはあるといいます。いったい、どのような場合が当てはまるのでしょうか。

 アイドリングストップは、クルマが動いていないときにエンジンを停止することを指します。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン