現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【メルセデス“小史”04】小型車の試行錯誤を繰り返したメルセデス・ベンツ

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.15

【メルセデス“小史”04】小型車の試行錯誤を繰り返したメルセデス・ベンツ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて、メルセデス・ベンツといえば大きな高級車、というイメージが強かったが、現在ではAクラスやBクラスをはじめ、小型車のバリエーションも増えた。そんなメルセデス・ベンツの小型車の歴史を何回かに分けて振り返ってみたい。

幻に終わったコンパクトモデル、W122
第2次大戦後も、メルセデス・ベンツは小型車をつくる試みを続けた。ただ、なかなか市販化には結びつかず、むしろミディアムクラス(現在のEクラスに相当する)以下のモデルが空白になってしまう。

    【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち!

終戦後の1946年には、戦前にヒット作となった170Vの生産を再開した。170Vは独立フェンダーを持つまったくの戦前型ボディだったが、1955年まで生産されてロングセラーとしてユーザーに支持された。

新しい小型車も検討されていた。1948年には、従来のメルセデス車では前例のない小ささのコンパクトカーが企画された。

戦前のリアエンジン小型車の130でも全長は4mあったのが、全長は約3.7mしかなく、1990年代に久しぶりに登場したFF車のAクラスに近い大きさだった。エンジンは4気筒1.2Lで、残されている図面を見る限り、駆動方式はFFを採用しているようだった。ただし、これは計画だけで終わってしまう。

1953年になると、W120型が市販される。これは170Vの系列を継ぐ新型車で、現在のCクラスに相当する。W120は独立フェンダーのないフラッシュサイドのボディを持つ、戦後型にふさわしい外観だった。何よりも安全設計の点で時代に先んじており、衝撃吸収構造をいち早く採用していた。

メルセデスは、さらにこのW120を簡素化したようなW122の開発にも着手していた。W120よりは安価で、W120にはない2ドアモデルも設定された。さまざまなモックアップ・モデルが製作され、4ドアだとボディの大きさはW120と同程度だったようだが、SL風のフロントマスクを採用した提案もあり、より若々しい印象があった。

W122は市販化に近いステージまで開発が進んだが、またも計画は中止されてしまう。その背景としては、1958年にダイムラー・ベンツがアウトウニオンを傘下に収めたということがあった。アウトウニオンは戦前に設立されたフルラインメーカーで、戦後は2~3気筒の空冷エンジンを積む小型FF車のDKWだけをつくっていた。小型メルセデスは、そのDKWと重なってしまうということで計画が見直されたのである。

W122が中止されたあとも、DKWの技術を活かしたより意欲的な小型車が計画されることになるが、それもまた生産化には至らなかった。これについては、機会をあらためて紹介しよう。

さらにW120も1962年で生産終了になり、その後を継ぐモデルとしてはW110があったが、これはより上級クラスの、今でいうEクラスに相当するボディに、小さいエンジンを積んで、装備を簡素化して仕立てたものだった。そのため、以後約20年間、190Eが1982年に登場するまで、メルセデスから小型のボディがなくなってしまうことになる。

アウトウニオンを傘下に収めたことも含めて、メルセデスは戦前から小型車クラスに関心を持ち続けていたのだが、縁がなかったというべきか、むしろ中大型車に偏重したラインアップになってしまう。それがいちばん顕著だったのが1962年から82年の期間で、そのときの「メルセデス=大型の高級車」というイメージが日本人にも刷り込まれたともいえそうだ。(文:武田 隆/写真:メルセデス・ベンツ)

[ アルバム : ベンツ小型車の歴史 4 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bla*****|2019/09/15 21:21

    違反報告

    間違い指摘するとキリがない!
    いい加減なことばかり書くな!
    特に戦後復興期から60年代は輸出の拡大による外貨獲得が事業者と西ドイツという国家の使命だった。

    小型車は、ダイムラーベンツの生産規模では収益性が確保できなかった。マスキー法、オイルショック、北米でのCAFE規制強化で当時最善の方法で設計製造されたのが82年デビューの190E。

    自動車を自動車しか見ない視点だから間違える。
    歴史と社会学、経済学を学ばないライターが多くて辟易する。読み物に正確さと深みがない。

    こういう記事を書く時はwikiあたりから子引き孫引きで対処出来ないことを理解した方がいい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します