現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドレミコレクションZ900RS(カワサキZ900RS)/イメージの核を絶妙に取り入れたZ1スタイル#Heritage & Legends

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.15

ドレミコレクションZ900RS(カワサキZ900RS)/イメージの核を絶妙に取り入れたZ1スタイル#Heritage & Legends

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオクラシックの世界を満喫させる
2017年秋の東京モーターショー、カワサキZ900RSの世界初公開の場にノーマルとともに飾られていた3台のカスタム提案車。

そのうち1台はドレミコレクションによるもので、外装をZ900RS自体が範としたZ1に近づけ、4本出しマフラーや前後18インチホイールさえも装着していた。

    【心に残る日本のバイク遺産】2スト3気筒エンジンのホンダ「MVX250F」

発売から後もこの車両=Z900RS Z1 Styleに準じたパーツが続々と登場、その勢いは衰えることがないようだ。

同社代表の武 浩さんに聞いた。

「Z900RSのようなネオクラシックは、ゼファーシリーズ現役時代にルーツがあったと思います。手前味噌ではありますが、あの頃に私たちはゼファーをZのスタイルにする外装キットを製作して発売、その後ウチでの中心商品になった。

バイクそのものはもう今と変わらないくらいに現代化してましたから、あとはルックス。やっぱりZやCB1100Rの頃のスタイルがバイクらしい形だって思える人が多いんでしょう。

それで外装の製作は、本当にコスプレなんです。Zの形をオーバーラップしたい。4本出しマフラーやサイドカバー、鉄製リヤフェンダーに大型ウインカーなど。

新作はZ1 Styleアンダーパイプ。最初の車両にも付いていましたけど、いろいろと探していい素材が見つかりました。アルミと樹脂の中間的な感じで、じつは柔らかい。

だからルックス的にはよりZのように見えて(写真)、装着してもフレーム強度に影響がないですから、気軽に付けられる。そんなパーツがあってもいいと思うんですよ。

逆に機能を落としてはいけないところには影響がないように配慮しています。リヤのめっきフェンダーも、あえて鉄製。これはテールランプやグラブバーを付ける時に強度を確保したいから。

コスプレではあってもきちんとオリジナルを想起させて、オリジナルのオーナーも納得させること。
そこは大事だと思っています。4輪のスカイラインGT-Rなら4灯丸型テールランプ。
Zならフォークエンブレムに4本出しに……という具合で、『Zって何だ?』と思った時にイメージされるものを押さえる。

そこが大事です。

新作のフェイクツインショックステーも動きはしないんですが、そんな雰囲気を高められると思います。今はアルミインナータンクを量産に向けて開発中です。これができると、もっとさまざまな外装に可能性が出てきます。

どうか楽しみにしていてください。」

Detailed Description詳細説明
協力:ヘリテイジ&レジェンズ編集部

[ アルバム : 写真をもっと見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

ヘリテイジ&レジェンズ 公式サイト
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号はこちら!

Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.4 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年10月号臨時増刊)
Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.4 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年10月号臨時増刊)
posted with amazlet at 19.09.12

モーターマガジン社 (2019-08-27)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ Heritage&Legends編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します