現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【昭和の名車 87】日産 フェアレディZ 300ZX:昭和58年(1983年)

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。今回は昭和58年発売の日産フェアレディZ 300ZXだ。

3LのV6ターボで230psの大パワーを与えられた3代目Z
日産 フェアレディZ 300ZX:昭和58年(1983年)9月発売
日本を代表するスポーツカーとして、また世界で最も売れているスポーツカーとして、確固たる地位を築き上げたフェアレディZが2度目のフルモデルチェンジを受けたのは、昭和58年(1983年)9月のことだった。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2019/09/15 12:12

    違反報告

    ちょうどこの時期にはソアラに始まるパワーウオーズが始まっており、当時の日産にはそれらに対抗できるパワーユニットを持ち合わせていなかったためにレパードで惨敗し、フェアレディZも「名ばかりスポーツカー」扱いであったので新しいパワーユニット装備は急務であった。
    V型6気筒ターボを得てスポーツカーとしてのパフォーマンスは名目を保ったが、同時期に直6のRB型エンジンも開発しており、後には同じ車種でV6、直6が混在するなど本当に車種ごとに最適なエンジンだったかどうか疑問に思うことは多かった。その辺が、日産迷走の象徴と語られることが多いね。
  • xee*****|2019/09/25 12:56

    違反報告

    よろしくメカドックがやっていた頃、近所に新車300ZXが!
    友人とスゲー!と興奮していると

    あはは、君たち座ってみるかい?

    って言われて死ぬほど感激した!

    が、断ってしまったのを後で後悔したのは懐かしい思い出。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン