現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「グラチャン族と呼ばれた男たち」愛車の改造に賭ける情熱は今の若者以上!?【Play Back The OPTION】

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会問題にまで発展したグランチャン族の実像

全盛期を彩ったストリートファイター達

    「グラチャン族と呼ばれた男たち」愛車の改造に賭ける情熱は今の若者以上!?【Play Back The OPTION】

チューニング系のSNSを覗くと、最近、日本のみならず海外でもかつての“グラチャン仕様”っぽいスタイルがよく目につく。絶滅危惧種かと思いきや、一部ではまったく廃れていない世界ということなのだろうか。

ちなみにグラチャン族とは、70年代から80年代にかけて大ブレイクした“富士グランチャンピオン・レース”に由来する。星野一義氏をはじめとする当時のトップレーサーたちが駆るレースマシンをリスペクトし、派手なオバフェンやレースパーツ等で愛車を改造した街道レーサーたちだ。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/09/14 15:45

    違反報告

    本号も持ってるけど、この記事有ったかな??と思う位異質な記事で要するに覚えていない記事やね。GC族と言うのは元々レース開催日の富士に集まって来る暴走族の事で、あの頃はサーキット内で観客が轢かれ死亡事故迄起こしている。
    元々OPTION誌は暴走族は大嫌いな筈なのに、何でこんな取材したんやろね?
    因みに表紙のSAは、例の雨宮の赤いペリです。

    あと公道ドラッグの記事も載せるべきや(笑)。
  • nut*****|2019/09/14 16:33

    違反報告

    グラチャン仕様とはちょっと違うけど、毎月楽しみにしてた某雑誌の「OH!My街道レーサー」!(当然!立ち読み)
    「アブノミにショックはKONI」てバネ無いのにショック強化して意味あるんかい~ とか
    「外観はノーマルだが、中身はイナゴ(1750cc)にボアアップ」 トヨタ2T-Gなんだけど「嘘コケ~」みたいな^^)
    シルエット仕様と言いつつ、材料は基本”ベニヤ”なんで、「バイパス走ってたら羽根飛んでった~」て言ってた(実話)

    それと記事中「足まわりはH130の強化スプリングを前後に・・・」はH150では?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン