現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【イベント】ロールス・ロイスが六本木ヒルズで特別展示会を開催

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.14

【イベント】ロールス・ロイスが六本木ヒルズで特別展示会を開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月14日から16日の3日間、ロールス・ロイスは六本木ヒルズの大屋根プラザを舞台に特別展示会「The Eighth Wonder(世界八番目の不思議)」を開催する。

大胆なボディカラーのロールス・ロイス車を3台展示
イベントのタイトル「世界八番目の不思議」とは、世界の七不思議に次ぐ注目すべきものを指す表現で、ロールス・ロイスの場合、それが1911年からロールス・ロイス車のミューズとしてフロントグリル上で優雅な姿を見せるマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」であるという。

    【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち!

今回のイベントでは、ロールス・ロイスを構成する8つの要素の視点から、フィロソフィー、クラフトマンシップ、そしてビスポークサービスの魅力を紹介し、スピリット・オブ・エクスタシーからインスピレーションを得たロールス・ロイスの世界を一般公開する。

ロールス・ロイスとしては、日本では過去最大規模の一般公開イベントだ。「世界最高峰のクルマ」と称されるロールス・ロイスの世界観、独特の製作方法や、意匠を身近に体験することができる。例えばイギリスの本社から来日した職人が、室内のウッドトリムを仕上げる手作業を解説して、卓越した職人技を目の当たりにできる。

展示車両は、マグマ・レッドのオープンモデル「ドーン ブラック・バッジ」、トワイライト・パープルのSUV「カリナン」、そしてサラマンカ・ブルーのフラッグシップ リムジン「ファントム」の3台。いずれも、今までに見たことのない大胆なボディカラーだ。

また、折り紙作家の有澤悠河氏が特別製作した折り紙によるスピリット・オブ・エクスタシー(折り方のデモンストレーションも行われる)や、ロールス・ロイス車のインテリアで使用されている革を使用して製作したラグビーボールなども展示されている。

イベント会場は、六本木ヒルズの大屋根プラザ。開催期間は、9月14日(土)から16日(月・祝)の10時から21時。入場は無料だ。カリナン、ドーン、そしてファントムと3台のロールス・ロイス車を一度に見られるというのは、ショールームでもめったにないこと。この機会に、ロールス・ロイスの世界に触れてみては、いかが?

[ アルバム : ロールス・ロイス展示会@六本木ヒルズ はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します