現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > R32スカイラインGT-Rは何がすごかったのか 名車の誕生の瞬間

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.15

R32スカイラインGT-Rは何がすごかったのか 名車の誕生の瞬間

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本はもとより、海外でも人気のBNR32型スカイラインGT-R(通称:R32GT-R)。

 デビューから30年以上が経過した今でも、GT-RといえばR32を強くイメージする方も、少なくないと思います。筆者もその一人です。

    あの日産の名車(迷車)が途絶えた理由と復活できない事情 3選

 多くのファンを魅了してきたR32GT-Rは何がすごかったのか、改めて振り返ってみようと思います。

 文: 立花義人 写真:日産、ベストカー編集部

 (画像ギャラリー)伝説を生んだR32GT-R

R32GT-Rはなぜ誕生したのか

1989年にデビューしたR32GT-R

 1980年代、バブル景気に沸いていた日本の自動車業界の中でも、記念すべき年と言われた1989年にR32GT-Rはデビューしました。

 この年はトヨタ セルシオ、マツダ ユーノス ロードスターといった世界に影響を与えた名だたる日本の名車が誕生した年でもあります。

 しかし、R32GT-Rは単なるバブルの勢いの中から生まれたクルマではありませんでした。

 スカイラインGT-Rという日産にとって特別なモデルを16年ぶりに復活させるという重責をレース(全日本ツーリングカー選手権)で勝つという使命と共に負ったのです。

 当時、アメリカ市場で日本車の販売が伸び始めた時代に、国内生産、国内販売限定で、しかもレースに勝つためにスポーツカーを造るというストイックで男らしいポリシーをもって、R32GT-Rは誕生したのでした。

R32GT-Rに搭載されていたメカニズム

 R32GT-Rの開発当時、日産の社内では1990年代までに技術で世界一を目指すという901運動が行われていました。

R32GT-Rには2.6リットル直列6気筒ツインターボRB26DETTを搭載していた

 そして、その技術の集大成として生まれたクルマのひとつがR32GT-Rでした。エンジンは専用設計の2.6リットル直列6気筒ツインターボRB26DETTを搭載。エンジンスペックは、最高出力280ps/最大トルク40.0kgmを誇りました。

 もちろん、これは市販モデルでのスペックで、レースでは600ps以上を発生する実力を持っていました。しかも、この2.6リットルという中途半端な排気量も、レースのレギュレーションに合わせたもの。

 さらにGT-Rに搭載された電子制御トルクスプリット4WDシステムATTESA E-TSにより、通常はFR走行で高い操縦性能を維持し続けました。

 後輪のグリップが失われた際に前輪に自動でトルクを伝達し、ハイパワーに対応して、強いトラクションを得ることが可能でした。

 また、電子制御四輪操舵システムSuper HICASにより、高速旋回時の操縦安定性も向上。勝つために当時の最新デバイスが惜しげもなく投入されました。

 このスカイラインGT-Rで小回りが求められるジムカーナ競技に参加していた筆者の知人は、リアサスがどこまでも粘るためにターンがしにくいという理由で、ハイキャスを殺してジムカーナに参戦していたそう。

 それほど、良く機能していたデバイスでした。

伝説が生まれたレースとR32GT-R

全日本ツーリングカー選手権に参戦したR32GT-R

 1990年、全日本ツーリングカー選手権のグループAに参戦したR32GT-Rは、衝撃的なデビューを果たします。

 当時、国内外のツーリングカーレースで世界最強と言われていたライバルのフォード・シエラRS500をなんとレースの1/4を終えた時点ですべて周回遅れとし、R32GT-Rは圧勝でレースを終えたのです。

 その後のレースでも、圧倒的な速さでフォード・シエラを駆逐し、蓋を開けてみると全日本ツーリング選手権が終わるまで、無敗の29連勝というGT-Rは新たな伝説を刻むことに成功しました。

R32GT-Rのデザインの魅力

 R32GT-RはR32スカイラインの最上級グレードという位置付けです。そのため、ベースモデルのスカイラインと比べると、大きく張り出したブリスターフェンダーや大型のフロントグリル、16インチの鍛造アルミホイールなど、明らかに只者ではない雰囲気が伝わってきます。

 スカイラインのアイデンティティでもある丸目のテールランプは、個性の強いものであるはずなのに、R32GT-Rの筋肉質なボディとの相性が抜群で、なぜか引き込まれてしまう魅力を持っています。

R32GT-Rはあくまでも普通自動車がベースだった

 R32GT-Rは、レースで勝つという目的で作られたクルマではありますが、そのレースはツーリングカー、つまりあくまでも市販を目的とした乗用車を使用したレースです。

 そのため、レース専用に作られたプロトタイプや、一般ユーザーにとって手の届かないスーパーカーとして作られたクルマではありません。

歴代GT-Rは日産だけでなく、日本を代表する名車

 もちろん若者にとって簡単に手にいれることができる価格帯ではないものの、スカイラインはクルマ好きにとって決して遠い存在ではありませんでした。

 レースで走るGT-Rを見て、「頑張ってGT-Rのオーナーになりたい!」とそう思わせる魅力がR32GT-Rにはありました。

 当時のレースを席巻した圧倒的な戦闘能力と、GT-Rというフィロソフィー、日本国内のみの販売というストイックなポリシー、そして硬派なデザインなどが全て融合し、日本のクルマファンの大和魂が大いに揺さぶられた一台でした。

まとめ

 R32スカイラインGT-Rはその後R33、R34とモデルが続きますが、RB26DETTエンジンの基本設計はそのままであったことや、デザインコンセプトが変わらなかったことを考えると、いかにR32の完成度が高かったかがわかります。

 もちろん、最近のクルマの方が絶対的な性能が良いのは確かなのですが、当時の記憶が思い起こされて、今でも興奮できるクルマは、なかなかありません。

 クルマファンとしては、R32GT-Rの様なすごさを語れるクルマが再び現れる日を心待ちにしています。

 (画像ギャラリー)伝説を生んだR32GT-R

スカイライン 2ドアスポーツクーペGT-R(E-BNR32)全長:4545mm全幅:1755mm全高:1340mmホイールベース:2615mm車両重量:1480kg乗車定員:4名エンジン型式:RB26DETT型エンジン:直列6気筒DOHC総排気量:2568cc最高出力:ネット280ps/6800rpm最大トルク:36.0kgm/4400rpmブレーキ前/後:Vディスク/Vディスクタイヤサイズ前後:225/50R16発売当時価格:451万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 岡安 美穂)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sig*****|2019/09/15 03:58

    違反報告

    カッコいい
  • hid*****|2019/09/15 04:25

    違反報告

    当時、20歳。
    最高の時代に青春時代を過ごせた。
    憧れて自分で買えたのはR32GTS-t typeM。
    それでも最高の車だった。
    操縦性が高く色んなところに出かけた。
    思い出だけは色褪せないまま心に残ってます。
  • bnr*****|2019/09/15 04:08

    違反報告

    グループA不敗神話
    ヘッドライトがガラスで黄ばまないのでいつまでも綺麗な眼で古臭くならない
    エアバッグ無しなので純正ステアリングホイールのデザインがカッコイイ
    セミバケの純正シートの完成度など文句無し
    ドアに補強が無いので32の中でも前期はさらに軽い
    歴代GT-Rの中で唯一フロントにGT-Rエンブレムが無く、自己主張が強すぎない
    リヤエンブレムのRのフォントが32だけ何故か一画目左跳ねでカッコいい
    同じくキーレス無いので純正キーもごちゃごちゃせずカッコいい(数年前からブランクキーなら一本10万円位のプレミア価格w)
    30年前の性能のクルマではあるが実際に乗るとこれ以上の性能のクルマは不要だと感じる(自分のは中古で買ったら馬力がありすぎて怖くて馬力を落としました)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します