現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ケイファクトリーKATANA(スズキKATANA)/ファンの妄想を膨らませるニューKATANA第1案#Heritage & Legends

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.13

ケイファクトリーKATANA(スズキKATANA)/ファンの妄想を膨らませるニューKATANA第1案#Heritage & Legends

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出来心で作り上げたカスタム提案スタイル
スズキからニューKATANAが発売されて数日で仕上げられ、周囲に「もう登場したか!」 と驚かせたカスタム。手がけたのはチタンEXや削り出しパーツでおなじみ、大阪のケイファクトリー。だが代表・桑原さんはそのコンセプトらしきものをこう言う。

「いや、もう出来心なんですよ(笑)。車両が5月末発売で、そこからいろんなパーツをくっつけてはいるんですけど、性能うんぬんや寸法うんぬんは、この時点では全然気にしていないんです。『パーツメーカーだから車両が事前に来ていて寸法取りだなんだも出来てて、さあ発売』とかいうのとも違ってます。

    【心に残る日本のバイク遺産】2スト3気筒エンジンのホンダ「MVX250F」

あと、ちょっと賑やかな感じも盛り込みたかったんです。’90年代あたりのカスタムブームの頃は、
アフターメーカーのカスタムデモ車って、だいたいフルカスタムだったでしょう? 仲の良いパーツメーカーの部品をあちこち付けて、コンプリートカスタムのように作って皆さんに見せてましたよね。

今は自分のところの製品だけ付けましたという販売促進車的なものが多くて、それも寂しいなと思ってたんです。せっかくカスタムってジャンル、オトナでこういう車両に興味があって、パーツも買ってくれるような人が中心にいるジャンルだから、そんな人たちの心を興奮させられればと考えた。

だから言ってしまえば、カスタムファンの人に向けたニューKATANAのカスタム想像図、その立体版。私にCGなんか描けませんから、出来ること=形を実際に作ってくっつけて立体で仕上げてみたという感じですよ。おお、エライの出てきたなって、そんなファンの人に笑ってもらえればいい」

そうは言うものの、いや、そうだからこそこのルックスには目を惹かれるのかもしれない。

ぐっとリヤに伸びたゴールドのマフラー、元祖カタナのスクリーン、そしてテールを伸ばして見せるようなナンバーステー。かっこいい!

「そう捉えてもらえるなら十分です。この車両を買う予定で予約を入れてる人も、今はおそらくまだ待ちで、納車されたらこうしてみよう、ああしてみようって考えてると思います。そうした人たちにも待っている間に妄想を膨らませるきっかけになればいいんです」とも桑原さん。

各パーツはこれからの開発になるが、このスタイルだけでも確かに期待は膨らむのだ。

Detailed Description 詳細説明
協力:ヘリテイジ&レジェンズ編集部

ヘリテイジ&レジェンズ 公式サイト
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号はこちら!

Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.4 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年10月号臨時増刊)
Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.4 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年10月号臨時増刊)
posted with amazlet at 19.09.11

モーターマガジン社 (2019-08-27)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ Heritage&Legends編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します