現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【キューブ&エスティマ以外も消滅相次ぐ!!】 2020年までに消える名門車 5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車界に激震走る!

 1990年に誕生した定番ミニバン、トヨタ エスティマが2019年末で生産終了となることが明らかとなった。

    【金メダル級モデルが大連発】2020年の新車が日本を席捲する!!

 また、1998年に誕生し、2003年には年間13万9570台を販売した日産 キューブも今年末での生産終了が明らかとなるなど、名門車の生産終了が相次いでいる。

 このほか、三菱のパジェロやトヨタのマークXも生産終了を発表しており、さらにレガシィB4も国内モデルは2020年に生産終了濃厚であることがわかった。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mas*****|2019/09/12 00:39

    違反報告

    大人しいミニバンが姿を消し、下品なデザインのミニバンばかりになるんだね。
  • dbg*****|2019/09/12 00:32

    違反報告

    国産のセダンが売れないからの理由で生産が終わると、今後セダンは輸入車しか存在しなくなりそうだ
  • pjx*****|2019/09/12 00:44

    違反報告

    日本の自動車産業の衰退の前兆でしょう?
    今までは、日本の人口増加や経済的な余裕が生まれ国民の上昇志向の中で、新しい車の開発に投資出来てたが、国内で実験的な開発や資本投入出来ない現状で最先端の車開発の機会が減る事で、実験室てきな日本市場が縮小する事でニーズに合った世界戦略も困難に遭うだろ?
    新しい市場に実験室的な場所を探す事も重要でしょう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン