現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車電話からおしぼり器まで、バブル期にあった変わり種なクルマ装備とオプションパーツ

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.4

自動車電話からおしぼり器まで、バブル期にあった変わり種なクルマ装備とオプションパーツ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おもてなしよりも自己満足だった世界

 かつての自動車装備やオプションパーツと言えば、色々あるとありがたいですが、正直使えないシロモノもあったりします。特に昭和末期は今とは違って変わり種が多かったのも事実。クルマの成長と共にオプションパーツも成長したのかもしれません。現代といえばバックモニター、ドライブレコーダー、ETC車載器、などなど手堅く賢い装備が人気です。

    クルマ好きのおっさん感涙! 70年代、80年代でひと際輝いたカスタムパーツ7選

 少し振りかえって見ますとバブルの頃なんか、今とは違って過剰な装備がありました。まず、日産の高級車「シーマ」(Y31)にあったのが小型のブラウン管を採用したマルチAVシステム。当時はアナログ放送だったので映りにくく、さぞ助手席に乗っている人はつまんなかったでしょう。

 また、日産といえばグロリア/セドリック(Y31)の上級グレードに加湿器なんて言うのもありました。モイスチャーコントロールとも呼び、オーナーだけでなく車内も潤っていたはずです。さらに”おしぼり専用”の冷温器というのも設定されてましたが、おもてなしを重んじる日本人の発想ですよね。

 もちろんトヨタだって変わり種は存在で、セルシオのオプションでは冷蔵庫がありました。当時は物珍しかった装備は、あまり利用することがなかったうえ、収納スペースはペットボトル2本が限界。思ってたより実用的ではなかったと記憶してます。

 で、リアシートには自動のサンシェードやカーテン、そして、読書灯もありました。定番といえば白のレースシートカバーでしたね。こちらは庶民にもおなじみであり、ファミリーカーには定番のオプションだったのです。逆に日産インフィニティQ45には18金のキーをオプション設定。いかにもバブルって感じで、発想がぶっ飛んでましたね。

 定番は、やはり自動車電話。設置場所は、運転席と助手席との間にあるコンソール上もしくはボックス内(当然コード付き)が定番。トランク両脇にそびえ立つ電話用アンテナも誇らしく、憧れの装備がついたふりをしたダミーアンテナも見かけることがありました。なお、自動車電話は保証金20万円、月額使用料3万円、通話は6秒で10円と、おったまげーな価格。人通りの多い場所で窓全開、「しもしも~」は優越だったのはないでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaz*****|2019/09/04 21:16

    違反報告

    空気清浄機 リアマッサージ機能なんかも有った

    電話のアンテナは1本 覆面もTVアンテナ風無線アンテナ付いてました!
  • enn*****|2019/09/05 17:18

    違反報告

    ナビも携帯も世に出始めた頃。
    高級車とは→家のリビングの様な快適さを求めてた。昭和だから応接間かな?

    フカフカのソファーに白レースのカーテン。自動車電話にテレビ。
    日本なりのドリームカーを模索して形にできた活気ある時代。
    冷蔵庫もそこら中コンビニ、自販機に溢れて不要。
    電話、ナビ、オーディオもiPhoneで代用可能。
    次はドライバーも不要の時代だね。
  • tss*****|2019/09/04 23:22

    違反報告

    実は1番必要な装備は
    排尿吸引器では?
    セダンではなかなか難しいですが
    1ボックスSUVなら後部に簡易トイレ作れそう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します