現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エコ&電動化全盛時の貴重な純粋エンジン車! いましか乗れないコスパに優れたハイパワーモデル7選

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.3

エコ&電動化全盛時の貴重な純粋エンジン車! いましか乗れないコスパに優れたハイパワーモデル7選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイパワーエンジンを積んでいるのに意外とお得なスポーツカー

 エコカーの時代になっても、ハイパワーなクルマというのは魅力があるもの。ただし、今も昔もハイパワーなエンジンを積んだクルマは値段も張る傾向がある。そうした中で、できるだけ1馬力=1万円+αで、なおかつ300馬力オーバーのクルマをいくつかピックアップしてみよう。

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

 1)日産フェアレディZ(Z34)

 3.7リッターのV6NAエンジンを搭載するZ34。ベースグレードは390万円で、336馬力というのはパワーコストレシオが優秀な部類。中古車なら220万円ぐらいが平均相場となっている。

 2)スバルWRX S4(VAG)

 WRXのS4は、ピッタリ300馬力で、2.0GT EyeSightが約336万円。水平対向の2リッターターボエンジンで、300馬力代のクルマとしては最安値の部類。モデルチェンジしたばかりなので、中古車も高価だが、新車ではパワーコストレシオは上位の部類だ。

 3)スバル・レヴォーグ

 スバルには300馬力ちょうどのクルマがもう一台。レヴォーグの2.0GT-S EyeSightも361万円で300馬力。こちらは2014年のデビューなので、中古車の平均価格も210~220万円ぐらい。狙い目かも?

 スポーツセダンやスポーツハッチバックもコスパは抜群!

 4)トヨタ・マークX 350RDS

 2019年末で生産を中止することが発表されているマークX。このマークXの3.5リッターモデルも、318馬力のハイパワーを誇る。新車価格で385万円。今後貴重になるFRのスポーツセダンとして、将来価値が上がるかも?

 5)日産スカイライン400R

 今年7月に追加されたばかりのスカイライン400Rは、3.0リットルV6ツインターボのVR30DDTTエンジンを新たに搭載。スカイライン史上最高最強の405馬力となった(552万3120円)。

 同じスカイラインでもV36型の370GTなら、3.7リッターで333馬力。中古車なら130万円前後が相場になっている。

 またフーガもVQ37VHRを積んで333馬力。VQ35HRを積んだ306馬力のシーマも狙い目!?

 6)ホンダ・シビックタイプR(FK8)

 ホンダからはFF最速モデルのシビックタイプR。新車価格450万円で320馬力……。2リッターターボのFF車では世界最速クラスの一台だ。

 その他ホンダには507馬力のNSXは別格として、314馬力のレジェンドハイブリッドもある(707万円)。

 番外編)クライスラー300 SRT8

 番外編として、クライスラーのラグジュアリーカー、300も。SRT8は、NA6.4リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは472馬力。

 価格も638万円とそれなりだが、500馬力に近いパワーでこの価格というのはなかなかない。400馬力以上のパワーコストレシオは最上位クラスだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します