現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新東名の全線開通は東京五輪に間に合わない。2023年度内の完成予定で、大阪万博2025に焦点か

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.31
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新東名(E1A/新東名高速道路)の開通工事を進める中日本高速道路は、工事の遅れにともなって完成予定を部分的に遅らせることを発表した。

伊勢原JCT~御殿場JCTの約48kmの工事を現在進行中
神奈川県海老名市から愛知県豊田市までを結ぶ新東名は、全区間(約253km)のうち、すでに開通しているのは神奈川県の一部(約6km)と、御殿場JCTから豊田東JCTまで(約200km)。その中間にあたる伊勢原JCT~御殿場JCT(約48km)を現在建設中で、全線開通は2020年度内を予定していた。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン