現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産自動車と彦根市がEVを活用した「災害連携協定」を締結

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.29

日産自動車と彦根市がEVを活用した「災害連携協定」を締結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月28日、日産自動車および滋賀日産自動車と彦根市は、電気自動車を活用した災害連携協定を締結したことを発表した。

災害発生時は日産リーフを無償貸与

    テスラ・モデル3「バッテリー残量を気にしないEVって、いいかも!」アナログ派・ヒトシ君×助手75の言いたい放題本音インプレ

 このたび締結した協定は、彦根市が、『台風、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、日産の販売会社である滋賀日産自動車より貸与される電気自動車(EV)「日産リーフ」を非常用電源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というもの。


 彦根市では、災害時において市民の安全・安心を確保できるようさまざまな防災体制の強化に努めている。公用車としての電気自動車「日産リーフ」の導入に加えて、今回の協定もそれを強化するのが目的。災害などによる大規模停電が発生したときなどに、電気自動車からの電力供給を行うことにより、避難所の円滑な運営を図るととともに、市民の生命及び身体の安全を図る。


 一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』を発表。その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車(EV)普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

 この日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ活動」、そして、彦根市の防災体制に関する取組みと、双方の取組みにお互いが賛同し、今回本協定を締結する運びとなった。


●「災害連携協定」の概要
・日産自動車および滋賀日産自動車は、彦根市で災害発生を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所(彦根市の小学校など、指定緊急避難場所63箇所の内、要請のあった場所)に、滋賀日産自動車の店舗に配備している電気自動車(EV)「日産リーフ」を無償で貸与する。
・彦根市、日産自動車、滋賀日産自動車の協力により電気自動車(EV)からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。


 今回の彦根市との「災害連携協定」も、日産のブルー・スイッチの活動に基づくもので、自治体と日産との協定では、彦根市が近畿初の連携パートナーとなる。

 彦根市は、災害から市民の生命、身体および財産を守り、その安全を確保、もしくは災害による被害を低減することを目的に、災害に対する適切な備えと災害時の防災活動等を実行できるよう、「災害に強いシクミづくり」を目指し、防災体制の整備を推進して行く構えだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します