現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合…2020年春施行予定

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.23

マルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合…2020年春施行予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は8月20日、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、新たな排出ガス基準の「BS6」に先行適合させた、と発表した。

インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

    スズキ、東京モーターショー2019に2代目ハスラーのコンセプトや未来の自動運転車を展示

マルチスズキは、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、この新たな排出ガス基準のBS6に先行適合させた。マルチスズキによると、BS6適合車両を2020年4月のBS6施行よりも先に、量販セグメントに導入した最初の自動車メーカーになるという。

マルチスズキは2019年4月、最初のBS6適合ガソリン車、『バレーノ』を発表した。これに続いて、『アルト800』、『ワゴンR』、『スイフト』、『ディザイア』を、BS6に適合させた。近い将来、インドで発売予定の新型MPV、『XL6』もBS6に適合している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sma*****|2019/08/24 06:27

    違反報告

    インドの大気汚染、トップメーカーが叩かれる事多いけど、実際は何十年も昔に作られた中国車やボロを使い続けなくてはならない貧民層が大勢居ることが問題。
    そうしたPM製造機の入れ替わりを、強い価格競争力で促進しているのが大手という側面はある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します