現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SCOOP!! レーザー式移動オービス、LSM-300の仕様書をゲット! やはり「その場でも検挙」、「2輪車も取締可能」という噂は、本当だった!

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県(警)のレーザー式移動オービス追加調達に向けた入札公告の中に、「可搬式速度違反自動取締装置仕様書」なるものを発見。メーカーから出た正式な仕様書ではないが、逆に、こちらのほうが簡潔であり、シロート目にも、今や絶対多数を誇る東京航空計器製レーザー式移動オービス「LSM-300」の正体がわかるだけではなく、未だに実態が明らかにされていない、各都道府県警の具体的な取り締まり方法までもが、うっすら見えてくる。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tsu*****|2019/08/22 08:05

    違反報告

    取り締まりもいいけど、もういい加減広い田舎道の40キロ制限とか、山道の30キロ制限とかやめようよ。
    なん年前の法律なのよ。
  • s_s*****|2019/08/22 09:49

    違反報告

    まずは現状に則した内容に法改正するのが先でしょう。
    ドイツと同じ様に、市街地は50km、郊外は100km/hと、分けるべき。法律が時代遅れ過ぎ!
    そして取り締まるならメインは住宅街や通学路で!
  • hhs*****|2019/08/22 07:22

    違反報告

    田舎の原付は、ほぼスピード違反

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン