現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「あおり運転」撲滅は不可能!? 車の危険運転を先進技術で防げない理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高級輸入車による悪質な「あおり運転」が世間を騒がせているなか、一方で「こうした危険行為は数年以内に完全に無くなる」と考える学者や自動車エンジニアの人が大勢いますが、その根拠は、自動運転の普及です。

 自動運転が、適切な速度と車間距離を保つことで、結果的にあおり運転が無くなる、という考え方です。

    アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 しかし、筆者(桃田健史)がこれまで、世界各地で自動車メーカー、自動車部品メーカー、IT関連企業、そして国や地方自治体などの行政機関などと自動運転に関する取材、協議、そして意見交換を続けたところ、あおり運転は当面無くならない模様です。いったいなぜでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nab*****|2019/08/21 08:45

    違反報告

    前方をレーダーで捉えてるなら安全車間以下になったらそれ以上車間が詰まらないように速度抑制できるようにすればよい
  • lam*****|2019/08/21 08:45

    違反報告

    追い越し車線を走り続けることも、制限速度を守らないことも、単純に、決められたルールを守らない方がいるのは何故でしょうね?「ノロノロ走るな」とちんぷんかんぷんな回答があるのでしょうか?そんな方々はきっと今まで色々なルールを破りながら生きてきた無法者なんでしょうね。ルールはルールと思いますが…中二のヤンキーみたいですね。
  • aik*****|2019/08/21 07:41

    違反報告

    どの車も速度を制限すればいいだけのこと。
    そうだなぁ、50kmにすれば?
    高性能な車は要らん、低性能で結構だ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン