現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲンがコンセプトカー「ID.バギー」をモントレーカーウィークで披露! 次世代電動モビリティの可能性を提示

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.20

フォルクスワーゲンがコンセプトカー「ID.バギー」をモントレーカーウィークで披露! 次世代電動モビリティの可能性を提示

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは先週カリフォルニアで開催されたイベント群「モントレーカーウィーク」において、次世代電動モビリティの可能性を提示するコンセプトカー「ID.バギー」を披露した。

60~70年代に登場したデューン・バギーをEVでリバイバル

    これが本当の痛車!? 19歳が手掛けた全身アートなランボルギーニ・アヴェンタドールが鮮烈!

「ID.バギー」は3月に開催されたジュネーブ・モーターショーで初披露されたEVコンセプト。1960~1970年代に発売された「デューン・バギー」のリバイバル版と言えるモデルだ。デューン・バギーは当時のビートルをベースに、ドアやルーフを取り去り、ビーチクルーザーとしても使用できるものだった。

 ID.バギーはデューン・バギーのコンセプトを生かしながら、VWの新世代EVプラットフォーム「MEB(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)」を用いて開発。204psと310Nmを発揮するモーターをリヤアクスルに搭載し、7.2秒の0-100km/h加速、160km/hの最高速をマークする加速性能が与えられている。


 車体フロアには62kWhのフラットバッテリーが搭載され、航続距離は250km(WLTPモード)を実現。

 オープンエアドライブが満喫できそうなエクステリアでは、オフロード走破性を高めるアンダーパネルやオールテレインタイヤを装着。一方、インテリアでは防水性のある素材が用いられたほか、レザーに撥水加工を施したステアリングホイールを採用している。


 MEBプラットフォームを採用していることから、駆動方式を4WDにすることやキャビンを2+2仕様に変更することも可能だ。また、このMEBは今後のフォルクスワーゲン「ID.」シリーズとしてEV戦略を推進する柱となるもので、今後はコンパクトモデルからサルーン、SUV、バンまで、あらゆるサイズや形のモデルに生かされていくことが予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します