現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミニバンのルーツは乗用車の派生モデル!欧州では戦前より登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車内が広いハイト系が人気を博す

 2000年代初頭に一大ブームを巻き起こしたミニバン。ここ数年はSUV、特にクロスオーバーSUVに取って代わられた感はありますが、日本のファミリーカーとしての地位を確立したといえるでしょう。さらに国内の販売台数で上位を競い合っている軽乗用車のハイトワゴンなども、この範疇にはいると考えたなら、7月にはダイハツのタントとホンダのN-WGNがフルモデルチェンジするなど、今も熱いカテゴリーであるのは疑う余地がありません。

    ミニバンの2列シート仕様? 仕事からアウトドアまで効率的に使える5人乗りモデル

 軽乗用車のハイトワゴンと言えば、そもそもは72年に登場したホンダのステップバンがその祖とされています。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/08/20 11:40

    違反報告

    ダイマクション·カーはミニバンでは無い。
    設計者で有るバックミンスター·フラーの本業は建築家で独特の発想から鬼才と言われていた。
    ダイマクション·カーの本質はあくまでも室内空間と車両取り回しの追求で有ったので、乗員と荷物·通勤と休日の兼用を目的とした多用途車的な今日のミニバンとは全く異なる。
    今日のミニバンの本格的源流は寧ろ70年代のカロッツェリアや米メーカーが考えたコンセプトカーが最も近いと思うが、日本のトヨタも確か73年のTMSにトヨタMPVと言うコンセプト車を発表している。
  • gri*****|2019/08/20 13:54

    違反報告

    筆者の「ミニバン」の定義が気になる。
    ワーゲンのタイプIIに関してはタイプIをベースに開発されたからミニバンでという様な寝ぼけたことを言うし・・・?
    本来ミニバンとは小さいバンのことを言うはず。
    80年代にクライスラーがバンとワゴンの中間にある「ミニバン」を生み出した様なことを主張すると、フォルクスワーゲンはその位置づけは「バナゴン」ですでに満たしていると言い、裁判沙汰になったこともある。
    筆者の持つ「ミニバン」の定義を知りたい。
  • the*****|2019/08/20 17:08

    違反報告

    少なくとも日本でミニバンの歴史を語るなら、シボレー・アストロは外せない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン