現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「あおり運転」の対策にはドラレコが有効?ドアや窓を開けずに110番通報しよう!

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.19

「あおり運転」の対策にはドラレコが有効?ドアや窓を開けずに110番通報しよう!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「懲らしめる」という意識が危険を呼ぶこともある。関わらないことが最優先事項

常磐道で起きた「あおり運転」に端を発した事件が大いに話題となっています。もはや、あおり運転というレベルではなく、実際に手をあげていることから暴行事件ともいえますし、高速道路の本線上で停車させたことから追突事故などにつながっていれば、危険運転致死傷罪になる可能性もあったほど危ない状況でした。もはや「あおり運転」ではなく、ロードレイジと呼びたくなるほどの事件といえます。

    チャイルドシートは保護者の義務、旅先での安全を確保するために

さて、こうした事件に対して捜査が行なわれたのはドライブレコーダー(ドラレコ)の映像が公開されたからという面はありますが、一方でドラレコをつけていてもあおり運転や暴行に対する抑止力はなかったともいえます。今回、後方からの追突など大きな事故につながらなかったのは不幸中の幸いでしたが、もし大型トラックなどが絡む追突事故に発展していたらケガだけでは済まなかった可能性をあります。強制されたからといって高速道路の本線上で止まってしまうことは本当に危険なのです。

あおり運転については、煽られる方にも原因があるという批判もありますが、あおり運転をするドライバーの持つ怒りのトリガーがわからない中で、そうした「煽られる方も悪い」という考え方は間違いです。高速道路でのあおり運転というと、追い越し車線をゆっくりとした速度で走っているというワンパターンばかりが原因として指摘されますが、あおり運転をする側には「自分より格下と思っている車種に抜かれたから頭にきた」ことがトリガーになってしまうケースもあります。2018年に大阪で起きたあおり運転ではクルマがオートバイのライダーをひき殺してしまっていますが、その原因は抜かれたことにあると報道されています。理不尽な理由であおり運転を始めるドライバーは存在しているのです。

単に急いでいるドライバーからのあおり運転であれば、最終的に道を譲れば相手は先を急ぐので、その場で問題は終了します。しかし、怒りのスイッチが入ってしまったドライバーは執拗に絡んでくることがあります。そうなったら、すぐに110番通報するのが正解です。あおり運転の証拠を得るために録画する必要はありません。たとえ証拠不十分で加害側が罪に問われなくとも、自分の被害を最小限にすることを最優先事項とすべきです。

あおり運転は高速道路に限った行為ではありませんし、実際には一般道のほうが多く発生しているというデータもありますが、いずれにしても110番通報をすれば近くにいる警察のパトロール車両が来てくれるはずです。さすがに警察の目前で暴力をふるう人は少ないでしょうから、警察車両が近づいてくるだけで十分な抑止力が期待できるのです。

停車させられたときにドアや窓を開けないことも重要です。一般道では信号待ちのときに暴行に発展することもあります。また、停車せずとも並走して危険なものを投げ込んでくることもあります。とにかく身の安全を守ることを最優先すべきです。

悪質なあおり運転に出会ってしまったら、正義感から懲らしめてやりたいという気持ちが湧いてくるのは自然なことかもしれません。しかし、自分で解決しようとせず、とにかく110番通報をするべきです。運転中で電話を操作が難しいというのであれば「ヘルプネット」のような緊急通報サービスを利用するのも有効といえるでしょうし、同乗者がいればその人に110番通報を頼むといいでしょう。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
写真:アフロ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します