現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デキのいいだけのセダンになってもダメ!「 スカイライン」ブランドが凋落した理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイラインらしさがなくなった

 7月16日、「新型スカイライン 高速道路で“手放し運転”が可能、プロパイロット2.0搭載」といった記事が新聞などに多数掲載されていた。年季の入った日産スカイライン・ファンに言わせれば「スカイラインこそ、もっとも自動運転が似合わないクルマなのに……」とぼやきたくなるもの。

    日産「NISMO(ニスモ)」と「AUTECH(オーテック)」とはなにが違うのか

 国産車の中で歴代のスカイラインは、ドライバーが運転を楽しむためのクルマであった。ドライバーが積極的にステアリングを操作していくところにドライビングの面白さがあるはずだ。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tas*****|2019/08/18 20:49

    違反報告

    大体でかいし、高けーんだよ。
    こんだけだすなら皆クラウン買うわ。
  • cnn*****|2019/08/18 20:43

    違反報告

    だいたいこの手の記事になると、ゴーンが来てからスカイラインはおかしくなったという話になるが、その前からおかしくなっていた。
    R30のパサージュが出た頃からゴージャスなスカイラインなのか、走れるローレルなのかはっきりしなくなる。
    その後も一度はスポーティーに振るが、狭いとか言っていまいちポジションが定まらず、最後にゴーンが別に製作していたモデルに無理やりスカイラインとしただけ。
    そりゃブランドイメージ落ちるわ。
  • kur*****|2019/08/18 20:53

    違反報告

    羊の革をかぶってない。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン