現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これだけクルマの技術が進歩してもディーゼルエンジンの「ガラガラ音」が消えないワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガソリンとは燃料への点火方法が違うために音の発生は免れない

 最近では乗用車にも多く採用されつつあるディーゼルエンジン。コストの安い軽油が燃料であることや、ガソリンエンジンに比べて低回転域から豊かなトルクを発生させることで人気を集めているのはご存じのとおり。

    【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

 しかし、そんなディーゼルエンジンの弱点とも言えるのが、アイドリング時などに耳に入ってくる「ガラガラ」という特有の低吸音だ。もちろん昔のディーゼル乗用車や大型のトラックのように大きな音ではないが、日常的に使う乗用車だと少し気になるという人もいることだろう。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン