現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まるで半自動運転のようなクルマのアダプティブクルコン! 過信に潜む危険とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 完全停止まで対応する全車速追従機能は便利だが……

 最近、中高級車にはもちろん、新型ホンダN-WGN、新型ダイハツ・タントのターボモデルなど、軽自動車にまで装備され始めたアダプティブクルーズコントロール(ACC)。従来の単なるクルーズコントロールとは違い、前車との距離を任意の間隔で一定に保ち、渋滞時には停止~再発進してくれる機能だ。レーンキープ機能と組み合わせることで、高速走行ではドライバーの精神的・肉体的負担を劇的に低減してくれる効果があり、便利かつ安全でもある先進装備と言っていい。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaz*****|2019/08/16 13:40

    違反報告

    『出口、前にクルマがいない料金所でも同じ。結局、キャンセルボタンを押す、ブレーキを踏む、といった操作が必要になる』

    操作しろよ。
    出口や料金所に向かう手前からはそもそも自分の操作の領域だろう。
  • sei*****|2019/08/16 13:56

    違反報告

     私の車は、0km/hから対応していますが、比較的混雑していて(50km/h)、設定が100km/hなどの場合、前の車が車線変更した場合など、結構な勢いで加速し、ブレーキを掛けて減速します。筆者は猛烈な加速がお好みのようですが、比較的混んでいる時に、あの加速は、予期していないタイミングだとちょっと恐怖です。
    加速の具合を設定できるようにしてほしい。
    結局、コレの加速が怖いので、比較的混んでいる時は、ACCを解除しています。
    端から見れば、前に車がいるのにいきなり加速する「お馬鹿さん」のようです。
  • tak*****|2019/08/16 13:56

    違反報告

    何があろうと運転手の責任。
    自動なにがしであろうと、誤発進抑制装置であろうと運転サポートシステムでしかない。
    それを理解できない人は公共交通機関を使って欲しい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン