現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「400R」を襲名?? 丸テール復活の意図は?? スカイラインはどこへ行く!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産スカイラインにV6ツインターボを搭載する「400R」が追加された。元気なスカイラインが帰ってきた、とワクワクする反面、どうにも違和感が拭えない。

 丸型のテールランプ、そして日産エンブレムまで捨てたスカイラインが、急に「伝統のブランド」を使ってきたのだ。

    【最新モデルは極上の正統進化】 日産GT-R こだわりぬいた究極の「3%」

 かつては「外資系に務めるタワーマンション在住の人」がオーナーのモデルケースとされていたV37スカイライン。登場時からえらく性格が変わってしまった。

 日産はなにを思い「400R」とネーミングしたのか。そしてそこに込める思いとは。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • don*****|2019/08/16 05:57

    違反報告

    マイナーチェンジばかりでマークXみたいにならないといいけど。もうこのデザインは飽きられてるで
  • mui*****|2019/08/16 05:55

    違反報告

    デザインを日産唯一のイメージリーダーのGT-Rに寄せたい気持ちはわかるが、

    まるで「発育不全をおこしたGT-R」。

  • ay7*****|2019/08/16 06:01

    違反報告

    これかなりのスペシャルエンジンなんですよね!かたやハイブリッドのは手放し運転のが選べるし、どちらもエポックメイキングなんですよ!クラウンなんかと比べても遜色ないと思います!まえのは変にインフィニティパッジつけてるだけで商品力が弱かったが、今のはちがいますよ!明確な意志表示を感じる!ま、値段も高いですが、セレナとスカイラインあれば色々便利だと思います!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン