現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【個性派の雄で人気!!】 三菱デリカD:5は中古車でも「雄」だった!!

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.7

【個性派の雄で人気!!】 三菱デリカD:5は中古車でも「雄」だった!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミニバンに本格SUVの悪路走破性をプラスした個性派、いやそれ以上の「唯我独尊」モデルが三菱デリカD:5。旧モデルであるデリカスペースギアの後継車として、2007年に登場し、12年以上販売されているロングセラーモデルとなっている。

 今回は2019年2月にディーゼル車のみ大幅改良が加えられて、より個性的なモデルへと進化した三菱デリカD:5の中古車事情について紹介しよう。

    【絶滅危惧種で残りあとわずか】セリカGT-FOURを手に入れる最後のチャンス

 文:萩原文博 写真:三菱、ベストカー編集部

デリカD:5の歴史を振り返る

2代目となるデリカスターワゴン

 デリカD:5のルーツは1969年に登場したデリカコーチ(ワゴン)。エンジンを運転席に搭載したキャブオーバータイプの1BOXとして登場。2代目となるデリカスターワゴンから、三菱らしい個性を主張し多くのファンを魅了してきた。

 広い室内空間を実現した1BOX車に国内販売終了がアナウンスされた本格SUV、パジェロ譲りの4WDシステムを搭載。ほかのミニバンにはない高い悪路走破性を実現したのだ。

 このミニバン+本格4WDは3代目そして4代目となるデリカスペースギアにも引き継がれ、この血統の最新モデルがデリカD:5ということになるのだ。デリカシリーズは特に北海道などの降雪地での人気が高く、年式が進んでも走行距離が延びても高い価格で販売されていた。

 デリカワゴンの5代目ということでデリカD:5と名づけられたミニバンは4WDシステムがパジェロからアウトランダー譲りの電子制御4WDに変更され、2WDと4WDオートに加えて、高い駆動力を得られる4WDロックの3つのモードを選択することができる。

 従来モデルと比べると悪路走破性は劣るが、燃費性能などは向上している。デリカD:5は2007年に登場して以降、マイナーチェンジや一部改良を度々重ねている。大きな変更があったのは2009年のマイナーチェンジで4WD車はエンジンとCVTの制御を変更し燃費性能を向上。

 そして2WD車は搭載する2Lエンジンを変更した。2011年にも2WD車のエンジンを変更。2012年には4WD車に当時ミニバン初となる2.2Lディーゼルエンジン+6速ATのパワートレインを搭載。そして2018年4月に一部改良を行い、フロントマスクを変更。

2019年2月の大幅改良で誕生した新型デリカD:5

 最後に2019年2月にディーゼルターボエンジン搭載車が大幅改良を行い、外観には三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用し、縦型のLEDヘッドライトを採用した個性的なフロントマスクとなった。同時にディーゼルエンジンも変更され、組み合わされるトランスミッションも8速ATへと多段化。

 さらにレーダークルーズコントロールをはじめ、先進の運転支援システムを搭載するなど商品力がさらに向上した。

人気車の中古車相場は一体? 

 国産ミニバンの中ではトヨタエスティマの次にロングセラーモデルとなっているデリカD:5だが、現在中古車の流通台数は約1440台、平均価格は3カ月前が172万円で、今月が165万円となっている。

 デリカD:5は2019年2月に大幅改良を行っているので、平均価格の推移をマイナーチェンジ前まで遡ってみると、2018年10月の平均価格は約170万円だった。その後2019年1月は約218万円で大幅に上昇。その後は値落ち傾向となり、現在に至っている。

 大幅改良前の値上がりの要因として考えられるのは、変更前の登録済み中古車が市場に大量に出回ったためと言えるだろう。

 デリカD:5の中古車の年式別の流通台数を見てみると、やはり登場した2007年~2008年がそれぞれ約215台と最も多く、その後は2010年の約180台、ディーゼルターボエンジンが追加された2012年は約100台、そして大幅改良を行いアーバンギアと呼ばれるモデルとなった2019年式が約130台となっている。

デリカD:5の中古車はいくらなのだろうか

 販売期間が長いため、価格帯も幅広く、中古車の価格は約15万~約460万円と非常に幅広く、100万円以下の物件も約400台も流通しており予算に合わせて探すことができる。ディーゼルエンジンが追加され、俄然注目が高まったデリカD:5だが、中古車の搭載されているエンジンを見てみると、ガソリンが約68%、ディーゼルが約32%と流通台数ではガソリン車が圧倒的だ。

 さらにデリカD:5の中古車のグレード分布を見てみると、最も多いグレードが2.4Gパワーパッケージ4WDで約250台。続いて多いのは2.2DTパワーパッケージ4WDの約235台、そして2.4Gナビパッケージ4WDの約114台が続いている。エンジンの分布どおり、ガソリンエンジンを搭載したグレードが流通台数の上位となっている。

 最も多い中心グレードの2.4Gパワーパッケージ4WDは年式の進んだ中古車があるので価格帯は約24万~約216万円。50万円以下の中古車は走行距離10万kmオーバーが中心で、最も安いクルマは走行距離20万kmオーバーとなっている。人気のミニバンとはいえ、走行距離20万kmオーバーのクルマが販売されていることこそ、デリカD:5の根強い人気をよく表しているといえる。

 続いて、流通台数が多いのが2.2DTパワーパッケージ4WD。ディーゼル車は年式が新しいこともあり、価格帯は約134万~約369万円で高額車はリフトアップを行ったカスタマイズカーとなっている。走行距離は約180万円以下だとほとんどが10万kmオーバーとなっている。

 そして、3番目に多い2.4Gナビパッケージ4WDの価格帯は約32万~約195万円と幅広くなっているのが特徴となっている。

[usedcar-search carname="デリカD:5" limit="2"]

デリカD:5を買うなら!!

 予算100万円以下でデリカD:5を購入したいというのであればガソリン車が探しやすいし、ディーゼル車がほしいという人は最低でも予算150万円が必要になる。

 流通台数は多くはないが、デリカD:5は何度も人気装備が充実したシャモニーという特別仕様車を設定しており、このグレードの中古車を狙ってみると満足感が高くなるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 岡安 美穂)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します