現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代は先進的すぎて不人気だった? トヨタ「プリウス」が世界的な大ヒット車になった理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.3
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタのハイブリッドカー「プリウス」の販売が好調です。

トヨタ「プリウス(4代目)」2018年12月マイナーチェンジ 日本自動車販売協会連合会が発表した2019年1月から6月の「乗用車ブランド通称名別順位」を見ると、プリウスの販売は7万277台で、2位の日産「ノート」(6万8543台)、3位のトヨタ「アクア」(6万349台)を抑えて、トップになっています。

    なぜ加害車両は「プリウス」が多い? 特殊なシフトレバー形状とは

 半年単位で集計したときのトップ獲得は2017年4月から9月の期間以来なので、約1年半ぶりということになります。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く