現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【後出しジャンケンの盟主】トヨタが本気でライバルを潰しにかかったクルマ5選+α

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.3
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは日本市場において、時おり先発の競合車をライバル心むき出しで潰しにかかったモデルをリリースすることがある。

 古くは大衆車というジャンルを開拓した日産サニーの初代モデルに対し、「サニーを全体的に少しづつ上回る」という狙いで、『プラス100ccの余裕』のキャッチフレーズとともに初代サニーに勝利した初代カローラ。

    【なぜクラウンやGT-Rは差別化??】 消えゆく“車種専用”エンブレム 敢えて採用する理由とは

 さらには上級小型車というジャンルの先駆車だった初代日産ローレルを駆逐した初代マークII(正式な車名はコロナマークII)が浮かぶ。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン