現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 近未来なセンターメーターは減っている? 視認性向上目指した車のメーター事情とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.30
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマのメーター位置には大きく2種類あります。主流なのは、ハンドルの奥に配置されるタイプで、軽自動車からスーパーカーなど多種多用なクルマに採用されています。

 一方で、ダッシュボードの中央部に配置され、トヨタ「プリウス」などにも採用されているセンターメーターのタイプが存在します。一時期、センターメーター車が多く存在しましたが、なぜ最近は減っているのでしょうか。

    ドアバイザーなぜつける? 輸入車は非装着率高く「かっこ悪い」

一時期見かける機会の多かったセンターメーター(日産・エスカルゴ) クルマのメーターとは、速度計やエンジン回転計、燃料計をまとめて配置してある部品です。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • big*****|2019/07/30 11:22

    違反報告

    ただ単にコストカットでしょ。
    そんなに優れものなら、レクサスの最高級車から順次センターメーターにしてます。
  • xgm*****|2019/07/30 11:07

    違反報告

    初代エクストレイルのセンターメーターはそのまんまメーターをセンターに付けただけの、いかにもやっつけ仕事で造りました感だった。
  • k_k*****|2019/07/30 11:58

    違反報告

    センターメーターになっているだけで
    購入候補から除外だな。

    ドライバーズシートに座ったら
    そこは、ドライバーだけが得られる
    特別な空間であることを
    演出してないとね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン