現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 広さ求める日本の軽やミニバンの後席が危ない! 衝突安全性能向上で見えた課題とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.30
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の安全性能は、先進装備によって事故が予防されているだけではなく、衝突時の衝撃吸収性能も優れています。しかし、そんなNシリーズであっても、事故の際に弱点となるポイントがあるといいます。

 さらに、それはホンダの軽自動車に限らず、ミニバンやコンパクトカーも他人事ではないのです。いったい、どういった点に注意すればよいのでしょうか。

    しっかり足を伸ばせて寝られる! 車中泊にオススメのミニバン5選

軽自動車やミニバン、コンパクトカーにもある衝突時の弱点とは 2019年7月18日に発表され、同年8月9日から販売が始まるホンダの軽自動車「N-WGN」と「N-WGNカスタム」は、Nシリーズの最新モデルです。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン