現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 一匹オオカミか? それとも堅実か? ホンダはアライアンスを組まないで生き残れるのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.28
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまや多くの自動車メーカーがアライアンスと呼ばれる業務提携を組み、互いの技術や人材を生かして生き残りをかけている。

 この流れにずっと逆らって生きているのがホンダである。基本的に他社とのアライアンスは組まず、これまで自動車開発をしてきた。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sor*****|2019/07/28 06:39

    違反報告

    ベストカーが経営を語るほどの知識は無い。
    せいぜい業界に働いたことの無い
    にわかクルマオタクを喜ばせる程度のことだけ。

    だって、経済誌でクルマ業界を記事にしても、
    ベストカーのことは何も参考にされてないもの。

    それにホンダの場合
    ライバルはトヨタや日産ではなく、
    身内の二輪の部門の方では?
  • s51*****|2019/07/28 06:30

    違反報告

    今の時代に車屋に集まって来るのは金と社会的地位目当ての者達ばかりでホンダもそんな者達ばかり集めている。同じことを学んだ者にホンダらしさを要求しても他社と目糞鼻糞なことしかできないのは目に見えている。本気でホンダらしいもの作りをしたいなら、やる気のある中卒を採用して職人に育てるか知識が必要な者には会社から進学させるかくらいの人材育成が必要だろう。
  • mdq*****|2019/07/28 06:06

    違反報告

    ホンダの場合焦りを感じているのは経営陣じゃなく販売サイドですね、特定の車種ばかり売れて販売サイドはまんべんなく売りたいのだが経営陣が軽自動車の強化に走りすぎているのをまったく止められない。まさにホンダには本田宗一郎の呪縛から離れられないのが吉と出るか凶と出るかはこれからのホンダの変革に掛かっていると思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン