現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【無駄にしか見えない!? 豊かさの証!??】メーカーが売れないクルマを造り続ける事情

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.26
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今の日本では、国産車だけで200車種近い乗用車が販売されている。

 そうなると販売格差も拡大する。ホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタント、トヨタプリウスなど、1か月に1万台以上売れる車種が8車ほどあるいっぽうで、 1カ月の売れ行きが100台を下まわる車種も見られる。

    スズキの懐刀 スペーシアの中古車を買うならいま!!

 これらの不人気車の売れ行きは、人気車の1%以下だ。

 なぜ売れないクルマを造り続けるのか。その背景には複数の理由がある。クルマの販売について詳しい渡辺陽一郎氏が考察する。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン