現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > Audi Twin Cup世界大会で、日本代表チームが総合部門で初優勝

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.22

Audi Twin Cup世界大会で、日本代表チームが総合部門で初優勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月18日-19日、「第15回Audi Twin Cup World Championship(アウディ ツインカップ ワールド チャンピオンシップ)」がドイツのヴィースバーデンで開催され、日本代表チームがツイン部門(総合部門)で初めての優勝を飾った。

総合部門制覇を目指し代表選考方法を変更、世界大会に向けて万全の体制も確立
Audi Twin Cupは、アウディ正規ディーラーのサービス品質向上を目的とした技能コンテストで、全国のアウディ正規ディーラーのすべてのテクニシャンおよびサービスアドバイザーを対象に実施している。競技はテクノロジーとサービスの2つの部門と総合部門で行われ、ツインカップという名称はそれに由来する。

    運転免許証番号、12桁の意味。最後の一桁であれがわかっちゃう!

この大会は全世界規模で毎年開催されていて、各国の優勝チームはその国の代表としてワールドチャンピオンシップに出場し、アウディ サービス世界一の座を競う。

今回行われたのはその世界大会で、今年は29カ国、57チームが参加。日本からは今年3月に開催された日本大会で選出されたテクノロジー部門上位3名、サービス部門上位3名が出場した。

アウディ ジャパンは初のツインカップ獲得を目指し、昨年までテクノロジー部門はひとつの販売店に所属する3名で編成するチーム別の対抗戦だったものを個人戦に変更し、異なる販売店に所属する上位3名を日本代表に選出。また、課題の量を増やし、より広範かつ高度な技能を有する選手が確実に上位に入るように国内競技を変更し、その上で、世界大会出場者に対して4回のべ15日間に渡る強化合宿で技能とチームワークを磨くなど、世界大会のシミュレーションを徹底的に実施して万全の準備を整えて出場、その成果が早速ツインカップ獲得に繋がった。

日本代表チームは、過去の世界大会でサービス部門、テクノロジー部門の各部門において個別優勝を挙げているが、ツイン部門では初優勝となる。

日本代表チームメンバーは、サービス部門が中山 宏起 (Audi京都南)、中島 稔(Audi川越)、城山 裕明(Audi足立)、テクノロジー部門は齊藤 勇(Audi芝浦 )、 栗本 健太(Audi大阪中央)、 山田 敬太(Audi徳島 )の6名。

第15回 Audi Twin Cup World Championship入賞国
ツイン部門
1位 日本
2位 インド
3位 オーストラリア

サービス部門
1位 ドイツ
2位 ロシア
3位 イギリス

テクノロジー部門
1位 トルコ
2位 フィンランド
3位 カナダ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します