現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、多彩なロボットを東京オリンピック・パラリンピックに…「仮想移動」などを実現

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.22

トヨタ、多彩なロボットを東京オリンピック・パラリンピックに…「仮想移動」などを実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は7月22日までに、東京本社で2020年の東京オリンピック・パラリンピックに提供するために開発中のロボット群を報道関係者に公開した。仮想現実の技術で、競技会場と遠隔地をつなぐなど、多彩なロボットで大会の盛り上げを図る。

トヨタはオリンピック・パラリンピックのワールドパートナーとして、東京大会では車両供給にとどまらず、様々なモビリティ手段の提供を目指している。ロボットもその大きな役目を担っており、トヨタの未来創生センターでヒューマノイドロボットグループ長を務める森平智久氏は「お客様の『移動したい』という想いを支えていきたい」と語る。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

今回、公開したのは大会マスコットである「ミライトワ/ソメイティ」をモチーフにした小型ロボットや、フィールド競技サポートロボットの「FSR」など4タイプ。マスコットロボットは伸長70cmほどで、子どもにも親しまれやすいサイズとしている。ただ、ロボットとしては本格的で「柔軟な動作制御ができるよう全部で20の間接をもっている。多彩な眼の動きによって人間と密なコミュニケーションができるようにする」(森平氏)という。

さらに、遠隔地に居るマスコットロボット同士、またはマスコットロボットと他のロボット同士で腕の動作や握力の感覚などを相互に共有することができる。今回はすでに2017年に公開したこともあるヒューマノイドロボットの「T-HR3」との連携をデモンストレーションした。遠隔地に居るアスリートがT-HR3と握手すると、マスコットロボットには握手する動作や握力が伝わってくる。

こうした距離を仮想現実の技術で克服しようとするロボットでは、「遠隔地間コミュニケーションロボット」である「T-TR1」も公開された。米国に本拠を置くトヨタリサーチインスティチュート(TRI)とトヨタが開発しているもので、大型の液晶ディスプレイやカメラ、駆動モーターなどを組み合わせた移動型ロボットだ。

ディスプレイには遠隔地に居てロボットを操作する人の姿が映し出され、T-TR1の近くに居る人々には、あたかも遠隔地の人と一緒に居るような没入感が味わえる。大会のイベント会場などに来られない人が、仮想的にイベントに参加するといった利用を想定している。

もうひとつ、フィールド競技サポートロボットの「FSR」は、ハンマーや槍、こん棒など、投てき競技の運営がスムーズにできるようサポートする。最高時速20kmで自律走行でき、人と協力して投てきされたハンマーなどを回収して所定の位置まで迅速に運ぶ。カメラなどのセンサーとAI(人工知能)によって人や障害物などを認識して衝突を避けるほか、人への追随走行もできる。競技場で活躍する実務的なロボットとして注目されよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します