現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年上半期、軽オープンスポーツカーで売れたのはS660か、コペンか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.23

2019年上半期、軽オープンスポーツカーで売れたのはS660か、コペンか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2019年上半期、軽オープンスポーツカーで売れたのはS660か、コペンか?

2019年上半期の軽自動車販売データについて、全国軽自動車協会連合会より確報が出ています。上半期での販売トップは言わずと知れたホンダN-BOXで、その台数は131,233台。もはやトップが当たり前の存在ですが、前年比102.9%とまだまだ伸びているのはすごいというほかありません。また、フルモデルチェンジで話題を集めたスズキ・ジムニーは前年比255.3%の16,589台でした。規模としては小さく見えますが、あれだけ硬派なクロカン4WDがこれだけ売れているのは驚きです。

    おひとりさま専用スポーツカーS660に2年半乗って思ったこと

さて、硬派といえば、ダイハツ・コペンとホンダS660といったオープン2シーターの状況も気になるところ。軽自動車ではありますが、完全に趣味車といえる両モデルの販売台数はどうなっているのでしょうか。いずれも、デビュー時の熱狂は過ぎたタイミングで、この手のクルマを理解して、求める層が購入している時期といえます。

数字を見ると、コペン:1,673台(前年比107.7%)、S660:1,639台(前年比118.8%)と若干ながらコペン優勢ですが、ほぼ互角の売上規模でそれぞれのキャラクターが市場で認められていると感じます。また、それぞれが前年比で微妙に増えているのは景気の影響があるのかもしれません。

前述したように現行コペンのデビューが2014年、S660は2015年であることを考えると、この販売台数は安定して軽オープン2シーターが売れる市場規模感を示しているといえるのではないでしょうか。つまり年間で6千台を超える程度が、軽オープン2シーターの市場規模といえそうです。

思えば、軽オープン2シーターカテゴリーで孤軍奮闘した初代コペンは10年間で約5.8万台を販売しました。1990年代まで遡るとホンダ・ビートは約3.3万台、スズキ・カプチーノは約2.7万台を売っています。こちらも合わせるとおよそ6万台となります。ビートとカプチーノの生産は10年も続いていませんから、年間6千台規模というよりも、軽オープン2シーター市場は累計6万台ほどの規模といえるのかもしれません。

ただし、そうした過去と比べても新車効果が薄くなった時期に安定して年間6,600台のペースで売れているのは軽オープン2シーター市場が熟成してきて、少しずつ規模が拡大しているのを感じます。たしかに、電動ハードトップでFWDのコペンと、専用MRプラットフォームで実用性は皆無のS660という両極端な選択肢があるからこそ、それぞれが食い合うことなくユーザーに支持され、市場を広げているといえそうです。

2019年にはコペンにクーペボディの特別仕様車(200台限定)が登場したり、S660にも特別仕様車「トラッドレザーエディション」が追加されるなど注目を集める話題はあったのですが、それにしてもこれほど安定して売れているのは軽自動車に限らずオープン2シーターという趣味性の強いクルマへの理解が深まっていることも感じずにはいられません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します