現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタのミニバンはなぜ多い? ノア・ヴォク3兄弟の末っ子「エスクァイア」の存在意義とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.22

トヨタのミニバンはなぜ多い? ノア・ヴォク3兄弟の末っ子「エスクァイア」の存在意義とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリー層に人気のミニバンは、各社から大小さまざまなモデルが販売されています。なかでもトヨタのミニバンのラインナップは、群を抜いて種類が多いです。

トヨタ「エスクァイア」 コンパクトサイズの「シエンタ」「ルーミー」「タンク」、ミドルサイズの「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」、ラージサイズの「アルファード」「ヴェルファイア」「エスティマ」と、9車種を用意します。

    日産「セレナ」がオラオラ顔に!? 今夏登場モデルの先行サイトが公開!

 とくに、ミドルサイズのミニバンは、日産「セレナ」やホンダ「ステップワゴン」とライバル他社も力を入れていて、競争が激化しているカテゴリーです。

 2018年度の販売状況は、セレナが約10万台を販売してミニバンナンバーワンとなりましたが、トヨタの3モデルを合計すると18万7000台以上(ヴォクシー:8万9944台/ノア:5万6872台/エスクァイア:4万553台)。ミニバン1位は実質的にはトヨタであるといえます。

 トヨタのミニバン3兄弟は、2001年にノアとヴォクシーが発売され、2011年にエスクァイアがデビューしました。ノアとヴォクシーが発売されてから10年が経過したタイミングで、なぜエスクァイアは市場に投入されたのでしょうか。

 その理由としてあげられるのが、トヨタのチャネル制です。トヨタの販売店は、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツトヨタ店という4つのチャネルがあり、各チャネルで異なる車種を扱っています。

 複数チャネルでの併売や、「プリウス」や「アクア」、「C-HR」など、全チャネルで取り扱う車種も増えていますが、特定のチャネルでしか扱っていない車種も存在します。

 ノアはカローラ店で、ヴォクシーはネッツトヨタ店でそれぞれ販売され、好調な売り上げをみせる一方、トヨタ店ではエスティマ、トヨペット店ではアルファードを販売していましたが、売れ筋のミドルサイズのミニバンはありませんでした。

 そこで、エスクァイアをトヨタ店とトヨペット店で販売することでラインナップを強化し、さらに多くのユーザーを取り込もうとしたのです。

 都内のトヨタ車販売店のスタッフは、エスクァイアについて次のように話します。

「取り扱いを開始したころのエスクァイアは、30代から60代まで幅広い層にご購入いただきました。とくに30代から40代のファミリー層が全体の6割近くを占めています。ミニバンに上質感や高級感を求める方も多く、こだわりのあるものなら価格が多少高くても購入していただけるようです。

 現在でも購入層に変化はなく、エスクァイアは30代から40代の子育てファミリーにも人気があります。ハイブリッド車もラインナップされており、落ち着いた上品なデザインということもあって、法人の営業車として導入されるケースも増えています」

ノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟はユーザー層が違う トヨタの各チャネルは、扱っている車種が違うので狙うべきユーザー層が異なります。

上質感なトヨタ「エスクァイア」内装「クラウン」を販売するトヨタ店は高級車や法人、「ハリアー」や「マークX」を扱うトヨペット店は年齢層が高めのファミリー、カローラ店は20代から30代のファミリー、ネッツトヨタ店は若者と、大まかに分けられています。

 エスクァイアを取り扱うトヨタ店、トヨペット店のユーザーは、比較的高所得者が多いこともあり、上質なデザインが求められました。

 また、クラウンやマークXなどの購入するユーザーは年齢層が高めなので、新たな顧客の獲得と顧客の若返りを図るという意味でも、ファミリーに人気のミニバンの導入が必要だったのです。

 エスクァイアは、ノアやヴォクシーとベースを共用しながら、一線を画す高級感のある内外装を特徴としています。

 ボディタイプは、ノア・ヴォクシーが標準モデルとカスタムモデルの2つのタイプが用意されていますが、エスクァイアでは標準モデルのみの設定です。

 若いファミリーがターゲットのノア・ヴォクシーとは違い、エスクァイアのターゲットは40代以上としているため、エアロパーツを盛り込んだカスタムモデルは存在せず、上質感を演出した標準モデルにラインナップをしぼりました。

 そのため、ノア・ヴォクシーは250万9920円から328万6440円なのに対し、エスクァイアは266万4360円から337万6080円と、若干高めの価格設定となっています。

 エスクァイアのメッキを多用した縦基調の大型フロントグリルは堂々とした印象で、アルファードにも似たデザインといえるでしょう。

 内装の基本的なデザインはノア・ヴォクシーと共通ですが、エスクァイアでは、インパネやドアパネルに合皮をあしらい、スエード調のシートなどを採用することで高級感を演出しました。

 クラウンやマークXなどの上級セダンに乗っていたユーザーを取り込むために、大人のミニバンを目指したのです。

 実際にエスクァイアを購入したユーザー(60代・男性)は、次のように話します。

「これまでクラウンに乗っていましたが、ゴルフをするので荷物が積めるミニバンに興味がありました。

 ノアやヴォクシーは若者向けのデザインなので躊躇してしまいますが、エスクァイアだったら私が乗ってもおかしくないかなと思って購入しました。

 トヨタ店にお世話になっていたこともあり、なじみの営業マンでスムーズに商談が進められたのもありがたかったです」

※ ※ ※

 トヨタでは2020年春に、チャネル制を廃止して全車種を全店舗で販売するようになります。すでに東京のトヨタディーラーでは全車種併売化が実施されていますが、トヨタでは2020年代の半ばには現在販売している車種を半減させる方向で調整しているといいます。

 そうなるとノア・ヴォクシー・エスクァイアのような兄弟車が、統一される可能性があります。

 どれかひとつが残るのか、新たなモデルが登場するのかは明らかになっていませんが、これまで車種を増やしてきたトヨタが、今度は車種を減らす方針に転換するという、大きな分岐点に差し掛かっているといえそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nak*****|2019/07/22 10:52

    違反報告

    トヨペット店ではミニバンはアルファードしかなく、5ナンバークラスのミニバンが欲しいという、ユーザー用にノアの姉妹車を作っただけですよ。
    そんな大げさに記事にする必要もないと思うが・・・
    今後はトヨタはすべての車種を扱うようになるので、姉妹車は減ると思いますが。
  • yas*****|2019/07/22 10:57

    違反報告

    エスクァイア初代を後ろから見たときに高級感も感じなかったし、インテリアは良しとしてもエクステリアは中途半端。
  • adm*****|2019/07/22 10:44

    違反報告

    予算はないがちょい豪華さが欲しい方向け。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します