現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気ミニバン、セレナとヴォクシー買うならどっち? サイズ感や使い勝手、燃費をチェック!

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.21

人気ミニバン、セレナとヴォクシー買うならどっち? サイズ感や使い勝手、燃費をチェック!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリー層を中心に依然として人気の高いミニバン。数あるモデルのなかで、登録車販売台数の上位を争っているのが、日産「セレナ」とトヨタ「ヴォクシー」です。  どちらも、ミドルサイズミニバンを代表するモデルですが、どのような違いがあるのでしょうか。

ミニバン市場で人気の高い日産「セレナ e-POWER」 2019年上半期(1月から6月)の販売台数ランキングでは、セレナが4位の5万3662台。対するヴォクシーは7位の4万7834台です。

    しっかり足を伸ばせて寝られる! 車中泊にオススメのミニバン5選

 初代セレナは、1991年に発売されました。日産の商用車「バネット」の乗用モデルだった「バネットコーチ」の後継車として登場。現在まで、5代続く日産のヒットモデルです。発売当初は、5ナンバーサイズのコンパクトボディが特徴でしたが、代が進むにつれラグジュアリー性も追求。現行モデルでは、ラグジュアリー性と利便性、そして環境性を兼ね備えており、2018年の年間販売台数でもミニバンジャンルで1位を記録するほどの人気車種です。

 一方のヴォクシーは、トヨタが過去に販売していた「ライトエースノア」の後継として2001年に登場。現在まで、3代続くトヨタを代表するミニバンです。

 現在姉妹車として、ヴォクシーに比べて落ち着いたデザインの「ノア」やよりラグジュアリーな「エスクァイア」がラインナップされています。

 両車のボディサイズは、グレードにより差異はありますが、一番小さい値でセレナが全長4690mm×全幅1695mm×全高1865mm。ヴォクシーは、全長4695mm×全幅1695mm×全高1825mmで、ほぼ一緒です。

 また、ミニバンを運転する際に気になる取り回しの点でも、最小回転半径は、セレナとヴォクシーはともに5.5mです。(セレナの一部グレードは5.7m)

 室内寸法では一番大きな値で、セレナが室内長3240mm×室内幅1545mm×室内高1400mm。ヴォクシーは室内長2930mm×室内幅1540mm×室内高1400mmとなり、セレナの方が室内に若干の余裕があります。

 乗車定員については、どちらも7人または8人乗りで、環境性能を考慮した「セレナ e-POWER」と「ヴォクシー ハイブリッド」はどちらも7人乗りです。

 また、細かな部分では、簡易式テーブルやスマホなどの充電に便利なUSBポートなどの装備に違いがあります。

 先進安全運転支援機能では、両車ともに衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置といった機能を標準装備。

 また、セレナは上空から見下ろしているかのような映像をモニターで確認できる「アラウンドビューモニター」や高速道路でのドライバー負担を軽減する「プロパイロット」などをオプションで設定しています。

両車の走りや燃費は何が違う? パワートレインでは、セレナが2リッター直列4気筒エンジン(最高出力150馬力、最大トルク20.4kgm)をベースとした、ガソリン車(Sグレードのみ)と簡易ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(Sハイブリッド)」を搭載したモデルが存在します。

 また、e-POWER車は、1.2リッター直列3気筒エンジン(最高出力84馬力、最大トルク10.5kgm)+モーター(最高出力136馬力、最大トルク32.6kgm)です。   セレナの燃費は(JC08モード、以下同様)、ガソリン車が15.0km/L、Sハイブリッド車は15.0km/Lから17.2km/L、e-POWER車が26.2km/Lとなっています。

ドレスアップ要素の強いトヨタ「ヴォクシー」 対するヴォクシーは、2リッター直列4気筒エンジン(最高出力152馬力、最大トルク19.7kgm)を搭載するガソリン車と、1.8リッター直列4気筒エンジン(最高出力99馬力、最大トルク14.5kgm)+モーター(最高出力82馬力、最大トルク21.1kgm)の2モデルを用意。燃費は、ガソリン車が14.8km/Lから16.0km/Lで、ハイブリッド車は23.8km/L です。

 両車の大きな違いとしては、セレナはガソリン1種、ハイブリッド2種のパワートレインを設定しているのに対して、ヴォクシーは各1種類の設定です。

 セレナのSハイブリッド車とヴォクシーのハイブリッド車に採用されているシステムは「パラレルハイブリッド」といい、エンジンをモーターがアシストして、両方の動力で駆動します。

 セレナのe-POWER車は、「シリーズハイブリッド」というシステムで、エンジンを発電専用として、その電力でタイヤ直結のモーターを回すというものです。

 両車の特別仕様車を除く価格(消費税込)は、セレナのガソリン車が244万800円、Sハイブリッド車は250万4520円から316万7640円、e-POWER車が296万8920円から343万6560円です。

 対するヴォクシーは、ガソリン車が250万9920円から300万8880円、ハイブリッド車は300万3480円から328万6440円となります。

 ミニバンジャンルで、人気のセレナとヴォクシー。従来までは、セレナの幅広い世代に受け入れられやすいデザインに対して、ヴォクシーはドレスアップ要素などインパクトのあるデザインでした。

 しかし、2019年夏にはセレナがマイナーチェンジを控えており、よりダイナミックなデザインへの変更が予定されています。

 両車がアグレッシブなデザインになることで、購入層にどのような影響があるか注目です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース Peacock Blue K.K.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します