現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「プリウス」なぜハッチバック化した? 22年の歴史のなかで起きた大事件とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売されたのが、トヨタ「プリウス」です。現行モデルが4代目となるプリウスは、ハイブリッドカーのパイオニアであるだけでなく、販売面でも日本を代表するクルマとなっています。

 そんなプリウスには、モデルライフのなかでボディの形が大きく変化した一大転機といえるときがありました。いったい、どのように変化したのでしょうか。

    燃費1位「プリウス」に次ぐ意外なクルマとは? 国産セダン燃費ランキングTOP5

トヨタ「プリウス」がボディタイプを変更した理由とは プリウスは、幅広いユーザー層から人気を集めるハイブリッドカーです。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン