現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【あるのか超高級ミニバン!】岐路に立つレクサス戦略の現状と将来

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レクサスはLSを皮切りにESを発表するなど新世代のラインナップへの転換を実施中だ。

 しかしながらミドルサイズセダンのGSなどは置き去りになった感もあるし、RCとLCなど少々コンセプトがかぶり気味なクルマも出てきた。

    【売れてないから激安? やはり高値維持!??】レクサス中古セダン戦線に異常あり

 さらに海の向こうからはレクサスのミニバンが登場するなど、刻々とレクサスのラインナップ戦略が変わってきたように思える。

 一見するとまとまりがないようにも思えるレクサスのラインナップは今後どのように変わっていくのか?

 販売店への徹底的な取材によって今後のレクサスの情勢に迫りました。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mut*****|2019/07/21 03:54

    違反報告

    レクサスブランド立ち上げてからそこそこたちますが、やはり今でも輸入車のほうがよい。
  • pre*****|2019/07/21 03:34

    違反報告

    日本にもレクサスミニバンは導入するでしょう…
    儲かるし…
  • tak*****|2019/07/21 03:57

    違反報告

    スピンドルグリルになってからのレクサス車は前から見るとみんな同じ顔に見えて個性がない。まぁ、一発でレクサス車と分かるけれど。と言うか、日本にレクサスを導入してから全体的に安っぽいんだよね。車は高額なんだけどね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン