現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが東京2020オリンピックをサポートする専用車両を新開発 約200台が会場内で運行

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.19

トヨタが東京2020オリンピックをサポートする専用車両を新開発 約200台が会場内で運行

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーのトヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM(Accessible People Mover)」を開発し、報道陣に公開しました。

東京オリンピックで来場者や大会関係者を運ぶトヨタ「APM」「APM」は、全長3940mm×全幅1620mm×全高2000mmとコンパクトなボディサイズで、最小回転半径は4.8mと取り回し性にも優れています。

    燃費1位「プリウス」に次ぐ意外なクルマとは? 国産セダン燃費ランキングTOP5

 広大なオリンピック会場内で来場者や大会関係者を輸送するのに特化し、航続距離は100km、最高速は時速19キロの短距離・低速型電気自動車(EV)です。

 基本モデルは、1列目が運転席、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けの6人乗り3列シート仕様で、車いすの乗客にも対応しています。

 乗客席は、車両の両側から乗り降りすることが可能で、両サイドに乗降をサポートする補助バーを設置。車いす乗客が乗り降りする際のスロープや車いす固定ベルトも搭載し、すべての乗客が乗り降りしやすいように配慮しました。

 救護用の仕様も用意され、2列目・3列目の半面にストレッチャーをそのまま載せることも可能。要救護者をより安定した状態で搬送できるように、ストレッチャーの固定台も搭載されています。

 また、運転席を中央の高い位置に設けることで、運転手が乗客を見渡して乗り降りをサポートしやすいように安全性も考慮しました。

 EVや燃料電池車(FCV)の企画や製造を担当するトヨタZEVファクトリーの谷中氏は、次のようにコメントしました。

「このAPMは、オリンピックの会場内で使うためのモビリティとして開発されました。想定する乗客は、主に高齢者やお身体の不自由な人、妊娠中や乳幼児をお連れの方などとしています。

 3列シートの標準車以外に、救護用としてストレッチャーを固定できるものもあります。

 今後は関係各位と相談をしつつ、東京オリンピック・パラリンピックに200台(標準車150台、救護車50台)ほど提供する予定です」

 なお、APMにはシートベルトが設置されていません。この点については、次のように説明します。

「APMは、限られた敷地内で走行することを想定しているのと、速度が低速のため、シートベルトを必要としていませんが、安全性を確保しています。ただし、公道走行も可能なように、ナンバーが取得できるように開発しました」

※ ※ ※

 トヨタは大会を通じ、すべての人に移動の自由を提供することにチャレンジしており、「APM」にはそのコンセプトが最大限に盛り込まれているといいます。

 さまざまな来場者に対してラストワンマイルの移動手段を提供することで、より多くの人が快適に競技会場に来場できるようにサポートする予定です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します