現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【愛され続けて150年!】超名門アウディA6とボルボXC90の真価は!??

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.19

【愛され続けて150年!】超名門アウディA6とボルボXC90の真価は!??

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年次の「RJC カー オブ ザ イヤー・インポート」を受賞したボルボのフラッグシップモデルXC90に「D5」が登場。最新デバイス「パワーパルス」を投入し日本に上陸を果たした。

 またアウディからは全グレードにマイルドハイブリッドを搭載したアッパーミドルセダン「A6」の8代目が登場。電動化の導入により、快適性も向上したという。
 両最新輸入車の試乗の様子をお届けする。

    【リレーアタック&車上荒らしにどう対処すべき!?】 最新カーセキュリティの選び方


〈ボルボ XC90 D5 ここがポイント!〉
■新デバイス「パワーパルス」で、ディーゼルで薄くなりがちな低速域をアシスト
■初期型よりも進化をしっかり感じることができる熟成のエアサスペンション
■WLTCモード燃費13.6km/Lと欧州ディーゼルのなかでも優れた燃費性能
■T6よりもお買得な価格設定

〈アウディ A6のここがポイント!〉
■後輪を左右独立操舵するダイナミックステアリング4WS
■クワトロ4WDシステムはアクティブ予測制御で緻密に制御
■タッチパネル式のコントロールパネルを採用
■3L、V6は48Vマイルドハイブリッドシステム採用


※本稿は2019年6月のものです
文:鈴木直也、編集部/撮影:平野学、西尾タクト
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号
※「主要諸元」の一部に誤記がありましたので修正いたしました。大変失礼いたしました(2019.7.19 16:00)

■ボルボXC90 D5 ──最新デバイスを投入した新ディーゼルエンジン日本初上陸!!


(TEXT/鈴木直也、PHOTO/平野学)

 ボルボのフラッグシップXC90に追加された「D5」は、約860万~約950万円という価格レンジ。このクラスの大型SUVでは、ベンツGLEもBMW X5もディーゼルが主力だから、これらライバルと対抗するうえで魅力的な追加車種の投入といえる。

 注目のそのディーゼルだが、ほかのボルボ車よりグレードの高い“D5”仕様を搭載している点が注目だ。

 基本的には、2L直4シーケンシャルツインターボでD4と共通だが、高圧側ターボを可変容量とするほか、タンクに蓄えた高圧エアで過給をアシストする“パワーパルス”という新デバイスを追加。

 スペックは235ps/48.9kgmと、D4に対して45‌ps/8.2kgmの大幅アップを果たしている。

新デバイス「パワーパルス」の作動条件は、「アクセルペダルが1秒以内に全開になる速度で踏み込まれて、かつ実際の開度が36%以上」、そして「1速または2速ギアで、かつエンジン回転が2000rpm以下」といった条件がすべて揃った場合だ

 ただし、実際のドライバビリティは車重(XC60より200kg以上重い)と相殺されたようで、意外やマイルドな印象。

 はじめD5はハイパワー版かと思ったが、ハイブースト化とパワーパルスは重量級ボディを不足なく走らせるための追加装備。そう考えるほうが正しいように思われる。

 エンジンは予想より大人しかったが、熟成の進んだサスペンションは期待を裏切らない好印象だった。

重厚な乗り心地を持ちつつも、ワインディングロードの走りもしっかりこなす

 今回はエアサスと標準仕様(複合素材製リーフスプリング)ともに試乗できたが、いずれも乗り心地の上質感はピカイチ。

 重量級SUVならではの重厚な乗り味と、緊急回避などにおける確かな回頭性がしっかり両立している点も素晴らしい。

 XC90シリーズ一番の売れ筋となることは間違いないと思います。


〈ボルボ XC90 D5主要諸元〉
・全長:4950mm
・全幅:1960mm
・全高:1775mm
・ホイールベース:2985mm
・エンジン:直4DOHCターボ(ディーゼル)
・排気量:1968cc
・最高出力:235ps/4000rpm
・最大トルク:48.9kgm/1750~2250rpm
・トランスミッション:8速AT
・WTLCモード燃費:13.6km/L
・価格:859万~944万円

■愛され続けて8代目!! 150年目のアウディA6は極上のスポーツサルーン!!

(TEXT/編集部、撮影/西尾タクト)

 1968年にデビューしたアウディ100を起源とするアウディのDセグスポーティサルーンは、今回、3月20日より日本国内で販売が開始された「A6」で8代目となった。セダンのほかにステーションワゴンのアバントも同時に発売を開始している。

3月20日より日本国内で販売が開始された新型A6は、旧来のアウディ100時代からカウントすれば8代目となる

 ボディサイズは全長4950mm、全幅1885mm、全高1430mmでホイールベースは2925mm。ガッチリとしたカタマリ感のあるフォルムとシャープでエッジの効いたサイドラインがスポーティな雰囲気を醸し出す。

 サイズ的にはBMW5シリーズやベンツEクラス、国産車だったらクラウンよりもほんのちょっと大きなサイズ感。

スッキリと上質な印象のインテリア。ブラックを基調とした色遣いは上質感とスポーティさを感じさせる。エアコンやオーディオ類の操作はセンターコンソール部のタッチパネルで行う。押した感覚や設定を変更した際の操作感を感じさせるタッチで、運転中にも違和感なく操作可能

 今回の試乗車はV6、3Lターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせたパワートレーン。

 なにしろ340psの最高出力で51.0kgmの最大トルクを1370rpmから叩き出しているから、1880kgもある車体だって軽々と加速する。

前席はほどよいホールド感がある。後席空間は余裕

 停車中はスッとアイドリングストップをし、ブレーキペダルを離すとマイルドハイブリッドモーターがキュッとエンジンを始動しながら発進をアシスト。

 タウンスピードでもスムーズで快適なドライブが可能なのだ。

V6、3Lターボは340ps/51.0kgmでとてもパワフル。48Vマイルドハイブリッドが組み合わされ、発進時や加速時にモーターがアシストする

 ダイナミックオールステアリングホイールは後輪を60km/h以下で最大5度の逆位相、60km/h以上では最大1.5度の同位相に操舵するのだが、特に「4WS」を意識させるような動きはなく、スムーズに違和感なく車体の動きを制御する。

 ベンツやBMWとは“違う”スポーツサルーンを味わうなら、A6の存在を忘れてはならない。

ウエストラインにシャープなエッジを効かせたボディはスポーティでエレガント。サイズ的にはクラウンよりもほんのちょっと大きい

こちらは同時に販売が開始された「アバント」

〈アウディA6ラインナップと価格〉
●A6セダン55 TFSIクワトロSライン…1006万円
●A6セダン55 TFSIクワトロデビューパッケージ…920万円
●A6アバント55 TFSIクワトロSライン…1041万円
●A6アバント55 TFSIクワトロデビューパッケージ…955万円

〈アウディA6セダン 55TFSIクワトロ 主要諸元〉
・全長:4950mm
・全幅:1885mm
・全高:1430mm
・ホイールベース:2925mm
・車両重量:1880kg
・エンジン:V型6気筒DOHCターボ、2994cc
・最高出力:340ps/5200-6400rpm
・最大トルク:51.0kgm/1370-4500rpm
・トランスミッション:7速DSG
・サスペンション:ダブルウィッシュボーン/ダブルウィッシュボーン
・タイヤサイズ:245/45R19
・JC08モード燃費:12.3km/L
・価格:1006万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します