現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ自動車評論家の愛車にはドイツ車が多いのか?その「職業上」の特徴が関係している可能性を考える

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクはふと思った。
なぜ自動車評論を生業とする人々の愛車にはドイツ車が多いのか?と。

多くの自動車評論家が自身のブログを開設しているが、それらを見る限りでは、彼ら/彼女らの愛車に占める「ドイツ車比率」が非常に高い印象だ。

    モータージャーナリストと一般人には「圧倒的な知識や経験値の差」があるのだろうか?

あくまでも主観だが、その次に多いのが日本車、次いでイタリア車やフランス車、そして「殆ど見られない」のがアメ車である。

やはり自動車評論家は職業病に羅患してしまうのか

そこで彼ら/彼女たちがドイツ車に乗る理由を見てみると、やはり機能性を高く評価しているケースが圧倒的に多いようだ。(カレントライフ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2019/07/15 06:16

    違反報告

    確かに、ドイツ車の性能は良い。しかし、品質は悪い。ある程度、壊れることを覚悟した方が良い。
  • ina*****|2019/07/15 06:23

    違反報告

    単なる優越感のためだけでない?
  • jya*****|2019/07/15 06:32

    違反報告

    自動車評論がどんな車に乗ってるのか気になる人っているのかな?例えばプロのミュージシャンがどんな楽器使ってるか知りたい人はいるだろうけど、音楽評論家がなんの楽器使ってるかなんてどうでもいい話。自動車評論の本業は文章を書くことだから運転の上手い人は稀だよね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン