現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス欧州販売は2年連続で増加、UX 効果 2019年上半期

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.11

レクサス欧州販売は2年連続で増加、UX 効果 2019年上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサス(Lexus)は7月10日、2019年上半期(1~6月)の欧州新車販売の結果を発表した。総販売台数は、4万0450台。前年同期比は5%増と、2年連続で前年実績を上回った。

車種別の上半期実績では、SUVの『NX』が1万1699台を売り上げ、引き続きレクサス全体のおよそ3割を占める最量販車に。ただし、前年同期比は23.9%減とマイナスに転じた。

    レクサス UXはかつてのクラウンやセルシオに代わる新しいプレミアム像を築くかもしれない

NXに続いたのは、入門コンパクト新型SUVの『UX』だ。上半期は8532台を販売し、『RX』を上回る良好な立ち上がりを示した。そのRXは上半期、8382台を販売。前年同期比は6.8%減と、マイナスに転じている。

乗用車では、『ES』が上半期、3012台を販売した。新型の効果により、前年同期のおよそ5倍と伸び、3年ぶりのプラス。クーペの『RC』は569台にとどまり、前年同期比は41.5%減と引き続き減少した。

この他、『CT200h』が、前年同期比35%減の3138台と後退した。『IS』は35.2%減の1943台、『GS』は84.7%減の134台。『LS』は263台、最上級クーペの『LC』は232台を販売している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します