現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツが6年ぶり全面刷新の新型「タント」発表! N-BOXはライバルじゃない? 大幅進化で目指した軽とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.10

ダイハツが6年ぶり全面刷新の新型「タント」発表! N-BOXはライバルじゃない? 大幅進化で目指した軽とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」が6年ぶりにフルモデルチェンジし、2019年7月9日より発売されました。

ダイハツ新型「タント」 2003年に登場した初代タントは、スーパーハイトという新たなジャンルを開拓し、2代目ではミラクルオープンドアを採用することで乗降性が向上しました。3代目では両側スライドドアやスマートアシストを採用するなど、代々進化を重ねてきた結果、子育て世代からシニア層まで、歴代モデルは200万台以上がユーザーに愛用されています。

    新型タントどう変わる? 新旧モデル比べて分かったダイハツの底力とは

 新型タントについて、開発責任者は次のようにいいます。

「スーパーハイトワゴンは、軽自動車のなかでも半分を占めるなど、主力の商品として市場が拡大しています。

 子育て層からシニアまで、幅広い層に支持されているタントですから、新型タントの開発においてはたくさんのユーザーに話を聞いて、商品に反映させました。

 昨今はホンダN-BOXが人気ですが、新型タントはN-BOXを超えることを目標にしたのではなく、ユーザーのことを考えて作りました。みなさんの期待に応えるいいクルマに仕上がったと思っています」

 4代目モデルとなる新型タントは、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代のユーザーのニーズに応えるモデルに大きく進化しました。

 タントがこれまで継承してきた室内空間の広さに加え、「ミラクルオープンドア」を活かした新しい使い方として「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現。世界で初めて運転席が最大540mmスライドすることで、運転席と後席の移動やピラーインドアから運転席へ楽に乗り降りできるようになっています。

 さらに、助手席イージークローザーやタッチ&ゴー機能、ウェルカムオープン機能など、軽自動車初となる機能も取り入れられました。

 見晴らしがよく安全に運転できる視界とドライビングポジションを実現するとともに、ホールド感とフィット感、座り心地を向上させたシートを採用することで、ロングドライブでも疲れにくい室内環境も整えています。

 新型タントは、進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用。予防安全機能「スマートアシスト」に、運転支援機能「スマートアシストプラス」を追加。全車速追従機能付きACCやハンドルを触らずにシフト/アクセル/ブレーキのみで自動駐車をおこなう「スマートパノラマパーキングアシスト」などを搭載しています。

激戦のスーパーハイト軽市場の台風の目となるか 新型タントは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」による第1弾モデルとして投入されます。

新開発のプラットフォーム採用で基本性能が大幅に向上 サスペンションや骨格の部品配置をゼロベースで再構築したプラットフォームを新たに開発。世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を取り入れた新CVTや、大幅に改良したエンジンなどのパワートレインを含め、すべての機構を一新したことで、「走る」「曲がる」「止まる」という基本性能が大きく向上しています。

 今回の新型タントのデザインは、幅広いユーザーに訴求できる洗練されたスタイルに変更されました。

 ボディタイプは、従来モデルと同様に、標準モデルとカスタムモデルの2つをラインナップ。標準モデルは気取らない頼もしさを楽しさを表現した“すっぴん美人”のスタイルとし、シンプルで親しみやすい安心感のあるデザインとしました。

 カスタムモデルは、大人の感性に響く洗練された上質感を表現。メリハリのあるフロントフェイスで、存在感のあるスタイルとなっています。

 内装は居心地のよさと上質感にこだわったといいます。視界の良さと見やすさを両立したワイド&ローのメーターを採用することで、運転中の視線移動が少なくなり、安全運転に貢献します。

※ ※ ※

 軽自動車のなかでもスーパーハイトワゴンは人気のジャンルで、ホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」、日産「デイズルークス」、三菱「eKスペース」と、各社からさまざまなモデルがラインナップされています。

 4代目となる新型タントでは、すべてのユーザーの新時代のライフパートナーとなるべく、DNGAを採用してこれまでできなかったことをすべて実現しました。

 DNGA第1弾となる新型タントを皮切りに、2019年内に第2弾モデルが投入される予定です。さらに2025年までに15ボディタイプ、21車種を日本と新興国に向けて展開し、ダイハツは軽・コンパクトの次世代スタンダードを目指すとしています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します