現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > え?? このタイミングで!? アテンザ改めMAZDA6発表!!! マツダの車名戦略は成功するのか!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.6

え?? このタイミングで!? アテンザ改めMAZDA6発表!!! マツダの車名戦略は成功するのか!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにアテンザも「マツダ6」に!

 2019年5月にアクセラがマツダ3へ車名を刷新したのに続き、アテンザがマイナーチェンジでMAZDA6(マツダ6)へと車名を変更。7月4日から予約受注が開始し、8月1日に発売される。

    【安いクルマと高額車の塗装は何が違う?】スペシャリストが教える”いい塗装のクルマ”

 フルモデルチェンジで車名を変えたマツダ3に対して、今回のマツダ6はあくまでマイナーチェンジ。2012年11月の発売から7年目の改良となる。

 過去にモデルライフの途中で車名を変えた車はほとんどなく、極めて異例のタイミングだ。

 なぜ今なのか? そして、マツダの戦略は果たして成功するのか? 自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎
写真:MAZDA、編集部

アテンザが「マツダ6」に! 同時にターボエンジンを追加

2018年5月改良型のアテンザ

2019年8月改良型のマツダ6「25T・Sパッケージ」 (423万9000円)。外観は従来のアテンザと同様で、専用装備のブラック塗装ホイールを採用。また、G-ベクタリングコントロールプラス(GVCプラス)が全車標準装備に

 今回のマツダ6の変更で注目されるのは、直列4気筒2.5Lガソリンターボエンジンを新たに用意したこと。CX-5とCX-8には以前から搭載され、チューニングも同じだ。

(編注:上記のGVCプラスなど装備追加と合わせて、価格はグレード毎に1万800~7万5000円の上昇)

 2.5Lターボを搭載する「25T・Sパッケージ」のスペックは、2.2Lクリーンディーゼルターボに近い。

 もともとこのガソリンターボは、北米で売られるCX-9が搭載しており、一定速度で長時間にわたり走り続ける用途に適する。ディーゼルエンジンに近い使われ方を想定したガソリンターボだ。

マツダ6に新設定の2.5Lターボエンジン。最高出力230ps/4250rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmはCX-5と同一スペック

 CX-5やCX-8の同型エンジンでは、1300回転付近から過給効果が感じられ、1500~4000回転が最も力強い。シフトアップはフル加速でも5000回転少々で行われ、実用回転域の駆動力に重点を置く。扱いやすいエンジンだ。

 ただし、日本でマツダ6「25T・Sパッケージ」を購入するユーザーは、もっと高回転指向のスポーティなエンジンを求めるだろう。

 CX-5のような高重心のSUVなら、ディーゼル風のガソリンターボも分からなくはないが、マツダ6は低重心のセダン&ワゴンだ。動力性能が大人しすぎる。

 趣味性の強いグレードだから価格が高いのは問題ないと思うが、エンジン特性は変えるべきだ。今のマツダ車の性格を考えると、ターボよりも6速MTで乗りこなす高回転指向の自然吸気エンジンが喜ばれるだろう。

なぜいま車名変えた? デミオも近日マツダ2へ

写真は海外仕様のマツダ2。「デミオ」はほぼ日本専用車名だが、こちらもフルモデルチェンジを待たずに車名変更される見込みだ


 それにしても不可解なのは、アテンザがガソリンターボの追加とマイナーチェンジのタイミングで、車名をマツダ6に変えたことだ。

 マツダ3がアクセラから車名を変えたのは、フルモデルチェンジの時だった。

 この時に開発者は、「マツダ3は、魂動デザインからプラットフォームまで、すべてを刷新した。スカイアクティブXも新搭載している。きわめて大きな変更だから、車名も海外と同じマツダ3にした」と説明している。

 大きな節目の時に車名を変えたが、アテンザはマイナーチェンジだから矛盾している。同様に今後は、デミオもマイナーチェンジでマツダ2になるようだ。

 要は先を急いだのだろう。アテンザは2018年5月に規模の大きな変更を行い、エンジン、サスペンション、ステアリング、さらにインパネのレイアウトなども変更した。

 現行アテンザの発売は、先代CX-5と同じ2012年だから、6年後の大幅変更にはフルモデルチェンジと同様の意味があった。つまり現行モデルは、2022年頃まで造り続けるわけだ。

 そうなると車名を変えるタイミングが難しい。フルモデルチェンジを待っていたら、先伸ばしになってしまう。そこでマイナーチェンジの時点で、マツダ6、マツダ2に変えるわけだ。

ロードスターまで「MX-5」になってしまうのか?

日本を象徴するオープン・スポーツのロードスター。海外では「MX-5」の名で発売されている

 問題はロードスターだろう。

 開発者は「ロードスターには各世代ごとに熱心なファンが多く、車名にも親しみを持っている。これを変えるのは難しい」という。海外のウェブサイトを見ても、イギリスはMX-5の表記だが、北米はMX-5ミアータになる。

 だからといって、ロードスターだけ従来の車名を使い続けたら統一が取れない。アクセラやアテンザも変える必要がなかったことになってしまう。

 車の人気度や売れ行きの効果を考えると、車名の変更がプラスに作用する可能性は低い。車名は大切だが、売れ行きを左右するのは、商品力だからだ。

 むしろマイナーチェンジで中途半端に車名を変えると、ややこしい結果を招く可能性もある。

 例えばインターネットで「アクセラ」と検索すると、今では中古車の記事が冒頭に出てくる。

 車名の変更を知らない人が「次のクルマはアクセラにしようかな」と思って検索すると、過去の車になっているわけだ。「マツダ3(旧アクセラ)」といった但し書きはない。

マツダの世界統一車名戦略は成功するのか

写真は海外仕様の従来型マツダ6。海外では、この車名を初代アテンザの登場時から採用している

 マイナーチェンジの変更はなおさら心配だ。「アテンザがマツダ6に生まれ変わりました!!」とCMなどで大々的に宣伝すれば話は別だが、おそらく地味に車名を変えるのだろう。

 マツダのウェブサイトを閲覧すれば「どうやらマツダ6が今までのアテンザらしい」と気付くが、とても分かりにくい。

 マツダは1990年頃に、新しい販売系列として、ユーノス店/アンフィニ店/オートザム店を短期間で用意した。ユーザーがどこで何を売っているのかが分からず、失敗したことがあるが、同じような結果を招くかも知れない。

 車にあまり詳しくないユーザーにとって、車名はその車の存在そのものだ。

 アテンザがマツダ6に変わるのは、メーカーにとっては車名の変更でも、ユーザーから見れば「アテンザが消滅してマツダ6が登場したこと」を意味する。従って車名を変えるなら、それだけの目新しさが求められる。

 過去を振り返ると、トヨタスターレットがヴィッツに変わり、ホンダ ロゴはフィットになり、スズキ パレットはスペーシアに車名を変えた。

 この時にはすべて車両のコンセプトと機能を大幅に変えており、その表現として車名も変更した。まさに生まれ変わりであった。

 車名とはこういうものなのに、アテンザはマイナーチェンジで軽く済ませてマツダ6になった。どう見ても車名の変更に相応しいモデルチェンジではない。

 販売面の効果は乏しく、マイナスに作用する可能性もある。車名は人名と同じで、もっと大切に扱うべきだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します