現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱米国販売5.6%増、エクリプスクロス は4.2倍 2019年上半期

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.3

三菱米国販売5.6%増、エクリプスクロス は4.2倍 2019年上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国法人、三菱モータースノースアメリカは7月2日、2019年上半期(1~6月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は7万1097台。前年同期比は5.6%増と、前年超えを維持している。

SUVでは、主力車種の『アウトランダー』が上半期、2万5589台を販売し、ブランドの最量販モデルに。前年同期比は8.8%増と、引き続き増加した。『アウトランダーPHEV』は1248台を販売した。

    アメリカ映画の主人公になったつもりで、絶滅危惧車のエクリプスをチェックしよう!

『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)は後退した。上半期は1万8768台にとどまり、前年同期比は16.3%減と、マイナスに転じた。新型クロスオーバー車の『エクリプスクロス』は上半期、前年同期のおよそ4.2倍の1万2591台を販売する。

一方、コンパクトカーの『ミラージュ』は1万2901台。前年同期比は2.2%減と、2年連続のマイナスだった。

2018年の三菱自動車の米国新車販売台数は、2007年以降では過去最高の11万8074台だ。前年比は13.9%増と、6年連続で前年実績を上回っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • byb*****|2019/07/03 23:40

    違反報告

    米国など未舗装が多く荒れた道路の国では三菱四駆は強い。
    良い商品は良いとする国。
    日本は偏見強く、寄らば大樹の国では一度落ちたイメージの払拭はなかなか苦労する。
    また、日本の道路はかなり奥地まで舗装が進み、本格的四駆が必要としないのかも。
     仕事柄、看護士さんは四駆が多いですよ。凍結した夜間の通勤が当たり前なので。
     看護士さん限定で四駆控除があると良いですね。
  • kaz*****|2019/07/03 23:01

    違反報告

    いいね。
  • kja*****|2019/07/04 00:16

    違反報告

    エクリプスクロスのディーゼルがほしい

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します