現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 川崎重工:世界最大のガス・ツー・ガソリン(GTG)プラントがトルクメニスタンで完成

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.2

川崎重工:世界最大のガス・ツー・ガソリン(GTG)プラントがトルクメニスタンで完成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は、2014年8月にトルクメニスタンの国営公社トルクメンガスから、トルコの建設会社であるルネッサンス社とコンソーシアムで受注した世界最大のガス・ツー・ガソリンプラントを、首都アシュガバード市の北に位置するオバダンデペ地区で完成させた。本件は、同社がコンソーシアムのリーダーとして、プロジェクト全体統括、製造設備全体のエンジニアリングおよび機器の供給を担当し、実施においては双日の協力を得た。

 今回完成したプラントは、デンマークを拠点とし世界中に化学プロセス技術・触媒を提供しているトプソー社の最新技術を採用し、天然ガスを原料として年間60万トンの高品質ガソリンを製造する世界で唯一のプラント。本プラントでは、天然ガスから合成したメタノールからガソリンを合成する。製造されるガソリンは、重金属を含まないため、燃焼時に有害物質を排出しない。また、100%化学合成のガソリンであるため硫黄などの不純物が少なく、各国の厳しい環境規制に対応した高品質ガソリンである。

    【難波 治のカーデザイナー的視点:連載コラム 2回目】Viva!小さなクルマたち! 傑作デザイン:ルノー・サンクとフィアット・ウーノ

 トルクメニスタンは、世界第4位の天然ガス埋蔵量を誇り、近年は天然ガスの輸出に加え、天然ガスの付加価値を向上させた製品の製造に力を入れている。今回完成したプラントは、川崎重工が2014年に完成させた同国東部マリ市の肥料プラント(尿素生産量64万トン/年)とともに、天然ガス資源の高付加価値化に寄与するものとして、同国から高く評価されている。

 トルクメニスタンでは、今後も同規模のプラント増設需要があるなどGTGプラントへの関心が高く、川崎重工は今回完成したプラント建設の経験を活かし、トルクメニスタンおよび周辺国において今後も地域の人々の豊かな生活に寄与するプロジェクトに積極的に参画していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します