現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【新型登場後も旧型高騰中!!】今ごろ!? 80スープラ大人気の事情と相場

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.2
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華々しくデビューを飾った新型スープラ。その型式はA90だが、これは当然先代スープラのA80からの続き番号となる。

 最近になって80スープラ(1993年~2002年販売)の高騰にますます拍車がかかり、ターボモデルはひと声400万円なんてものがザラになってきている。

    【乗り出し約400万円!!??】マツダ3 伝家の宝刀 SKYACTIV-Xの実力と買い得感

 たしかに80の評価はレーシングドライバーからも高いのだが、2002年委製造中止になった際にスカイラインGT-Rほどの大きな騒ぎになっていなかったように思う。

 歴史からスッと消えた印象のある80スープラがなぜいまになって高騰しているのか。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • you*****|2019/07/02 05:56

    違反報告

    ダラダラ書いて結論なく、読む価値なし。

    一言で十分ですよ。90スープラより、80スープラの方が、イイんです。

    コストダウンと、省エネ、無駄な安全機能のなかで開発された今の車なんて魅力の面で改悪なんです。
  • v12*****|2019/07/02 05:39

    違反報告

    新型スープラの話題のために、どっちでもいい記事を書いてるね。
    80スープラというか、この年代のGT-RやNSXなどの大排気量の車がアメリカの排ガス規制対象から外れるから、人気が非常に高まって、かなりの量が国内から消えた。
    したがって、どれも人気で値段も高騰してるよ。
  • fle*****|2019/07/02 05:50

    違反報告

    新型スープラもそうだが全部名前だけの別物
    NSXが一番マシだが

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン